アメックスゴールドTOPロゴ画像

高ステータスのかっこいいゴールドカード」と言えば、真っ先に名前が挙がるのがこの「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(アメックスゴールド)」。

名前こそ「ゴールドカード」ですが、実際には他のカードで言うところのプラチナカード級のクオリティの高さです。

年会費が数千円程度の「格安ゴールドカード」が数多く登場している中、「最強のゴールドカード」としての地位を常に保っています。

今回は、このアメックスゴールドについて、どこよりも詳しく、余すことなく、そのすべてを徹底解説していきます!

 

記事を全部見ている時間なんてないよ!

という忙しい方のために、まずはアメックスゴールドのメリット・デメリットの一覧を簡単にまとめてみました。

 

  • 全世界で通用するカード券面
  • ゴールドという名ではあるが実際はプラチナランク
  • アメックスプラチナへのインビテーション(招待)が届く
  • 業務提携により、現在はJCBが利用可能の店で幅広く使える
  • 高級レストランの代金を大幅に割引できる「ゴールド・ダイニング
  • 空港ラウンジは同伴者1名も無料で利用可能
  • カード利用時のセキュリティが極めて強固
  • 会員限定の優待イベントに参加できる
  • ポイントはマイルに1:1交換でき、さらに無期限と優秀
  • 意外にも審査難易度はさほど高くなく、実はグリーンと同程度
  • Suicaなどの各種電子マネーやApple Payに対応
  • 近々カード券面がメタルカードになる可能性が非常に高い
  • 年会費はやはり高額(年29,000円)
  • キャッシング機能はない
  • 支払いは基本的に一括払いのみ

 

大まかにアメックスゴールドの全体像を知りたい方は、アメリカン・エキスプレスの公式サイトで確認するのが一番手っ取り早いかもしれません。

 

 

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
アメックスゴールド券面高解像度
年会費 29,000円(税抜)
家族カード年会費 1枚目無料 2枚目以降12,000円(税抜)
ETCカード年会費 無料
ポイント還元率 0.3%~
ポイント有効期限 3年間(一度利用で無期限)
海外旅行傷害保険 最大1億円
電子マネー 楽天Edy、モバイルSuica、SMART ICOCA
カード発行日数 約1週間~ (Web申し込み時)
カード申し込み基準 20歳以上で安定した収入のある方

▼公式サイトから申し込む▼
アメリカン・エキスプレス 公式

 

アメックスゴールドはステータス性がとにかく高い

高級な店

VISA、マスターカード、JCB、ダイナースクラブなどの国際的なカードブランドの中でも、アメリカン・エキスプレスの券面はダイナースクラブと並んで世界トップクラスのステータス性を誇り、

世界各国どこに行ってもアメックスのカードを提示するだけで所持者の品格が高いとみなされるほど、全世界共通で認められているカードブランドです。

地域によってはゴールドカード・プラチナカードを簡単に発行できる地域も存在するため、「カードの階級」ではなく、「アメックスであること」のほうを重要視することも多いです。

アメリカでは、「自分のID代わりになる」という噂もあるほどの知名度の高さ。

海外の店員にこのカードを提示すると、リアクションが薄い日本の店員に比べて、あからさまに驚かれることがよくあります。特に、アメリカ・カナダといった北米の地域においてその傾向が非常に強いようです。

他のカードにはない、古代ローマ帝国の百人隊長であるセンチュリオンを中心に添えた格式ある黄金の券面デザインは、高貴で気品のあるイメージを演出しています。

 

また、もちろん日本国内の使用でも十分なステータスを感じることができます。

今の40代以降の方など、バブル当時の実情を知っている方であれば、アメックスゴールドで支払いをしている人を見ると思わず一目置いてしまうという方が多いのが現状です。

さらに、「デートの時に恋人が持っていたら嬉しいクレジットカードランキング」といった数々の調査・アンケートにおいても、アメックスゴールドは常に上位に輝いています。

会計時にすっとこのカードを出すだけで、その人の信頼性がぐっと上がります。

「人の信頼・信用」といったものはプライスレスなので、

それらを手に入れられるのであれば、年3万程度の費用なんて安いもんだ

という考えを持つ方も多いですね。

アメリカン・エキスプレスの歴史

アメリカン・エキスプレスは最近登場した会社ではなく、ヘンリー・ウェルズウィリアム・ファーゴジョン・バターフィールドという3人が、宅配便業者(Cargo Express)として、1850年に開業した運送業の会社が元となっています。アメリカン・エキスプレスの「エキスプレス」はここから来ているんですね。

その後は数々の成功の後に事業の多角化を進め、金融業にも着手し、世界各地に支社を設置していきました。日本に上陸したのはなんと大正時代という古さです。

 

その後の1980年に、日本初のアメックス、アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードを発行。

そしてその3年後の1983年にワンランク下のアメリカン・エキスプレス・カード、通称アメックスグリーンを発行するに至ったのです。

意外にもゴールドのほうが先なんですね。

実はこのアメックスゴールドは「日本で初めて発行されたゴールドカード」。

ゆえに、その当時は本当に富裕層しか持てない「富の象徴」として崇められていました。

現在において「日本で最も有名なゴールドカード」とよく言われる背景にはこのような実情があったのです。

 

余談ですが、その当時は圧倒的な入手難度で、まさに「富裕層しか持てないクレジットカード」でしたが、現在においては高ステータスは保たれている一方、実は入手難度はそれほど難しくはなく、年収200万程度あれば十分入手圏内に入ってくるほどとなっています。

実際に私の知人も、新卒1年目にしてアメックスゴールドに合格するほど、現在は昔よりも審査難度が大幅に下がっていると言えます。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードのグレード

このアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、アメックスが直々に発行するカードの中では「ゴールドカード」という扱いですが、アメックス自体のステータスが高いゆえ、カードのランクとしては世間一般的にはプラチナカードの扱いとなります。

年会費、各種特典などの要素を加味しても、まさにプラチナカードとしか言いようのないカードに仕上がっています。

 

また、アメリカン・エキスプレスが独自発行する、いわばプロパーカードには主に次の4種類が挙げられます。

  • アメリカン・エキスプレス・カード
  • アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
  • アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード
  • アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード

下に行くにつれて、グレードが上がっていきます。

最後の「センチュリオン・カード」は、アメックスではブラック相当とされているカードです。

 

これを踏まえ、一般的なクレジットカード、アメリカン・エキスプレス、そしてもう1つの高級ブランドであるダイナースクラブのカードランクを比較した表がこちらです。

各種クレジットカードのランク・階級表

この表からもわかる通り、アメリカン・エキスプレスのカードは、ゴールドであればプラチナと同等、プラチナであればブラックと同等、というように、通常のクレジットカードと比較して全てワンランク上の扱いを受けます

プラチナであればブラックレベルの階級です。

また、ブラックのセンチュリオンは、間違いなく「世界最強のクレジットカード」ともいえるほどに圧倒的なカードです。

 

なお、後ほど詳しくご説明いたしますが、グリーン・ゴールドは自分から申し込める「申込制」であるのに対し、プラチナ・センチュリオンは、アメックスからのグリーン・ゴールド優良所持者へのインビテーション(招待)がなければ自分から所有することはできない「招待制」のカードであり、まさに最高のステータスカードといえます。

同じ「申込制」のアメックスグリーンに関しては、以下の記事で徹底的に解説しています。

【2019年最新版】アメリカン・エキスプレス・カード(アメックスグリーン)の全てを徹底解説!年会費・審査基準・特典・メリット・デメリットなど

アメックス決済のカードとは何が違うの?プロパーカードって何?

最近では、「アメックスの決済機能を有した楽天カード」が登場しました。

楽天カード券面

ゆえに、

 

アメックス決済のカードだったら、アメックスの楽天カードでもステータスが高いんじゃないの?

 

と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、それは違います。

先ほどの例で挙げたような、

  • アメリカン・エキスプレス・カード
  • アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
  • アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード
  • アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード

といったカードは、アメリカン・エキスプレスが独自に発行している「プロパーカード」であり、楽天カードなどの「提携カード」とはランクが違います。

「プロパーカード」とは、カードの決済機能を持つカードブランド(アメリカン・エキスプレス、ダイナースクラブ、JCB)そのものが独自に券面を発行しているクレジットカードのことです。

ダイナースクラブには「ダイナースクラブカード、ダイナースクラブ プレミアムカード」、

JCBには「JCBオリジナルシリーズ」

があります。

この「プロパーカード」は、基本的に他の一般カードよりもステータスが高いとされています。(日本のJCBカードは世界的な権威性の観点から、他の2社に比べると価値は多少下がります)

以上のように、「1ランク上」とみなされるアメックスのステータスカードは、先ほど例示したもののみとなっています。

有名な「セゾンアメックスカード」なども、提携カードの一種なので、通常のクレジットカードとして扱われます。

 

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
アメックスゴールド券面高解像度
年会費 29,000円(税抜)
家族カード年会費 1枚目無料 2枚目以降12,000円(税抜)
ETCカード年会費 無料
ポイント還元率 0.3%~
ポイント有効期限 3年間(一度利用で無期限)
海外旅行傷害保険 最大1億円
電子マネー 楽天Edy、モバイルSuica、SMART ICOCA
カード発行日数 約1週間~ (Web申し込み時)
カード申し込み基準 20歳以上で安定した収入のある方

▼公式サイトから申し込む▼
アメリカン・エキスプレス 公式

 

アメックスゴールドの年会費

各国の紙幣

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(アメックスゴールド)の年会費は29,000円(税抜)で、発行手数料は無料です。

1つ下のアメックスグリーンですら12,000円(税抜)もの年会費であり、アメックスのプロパーカードで年会費が無料のものは存在しません。年会費の高さはそのまま「ステータスの一翼」を担うものとなっています。

ゴールドカード最強」の名の通り、年会費もまた、ゴールドカード最強です。平均的なゴールドカードの年会費はせいぜい1万円といったところでしょう。

年会費無料などで金銭面での利点を推すカードが増えている中で、あくまでステータス性で勝負する姿勢が見受けられます。

 

さらに、世間のカード事情とは裏腹に、アメックスの年会費は一昔前と比べるとじわじわと値上げをしているほどです。

しかし、ただ値上げを行っているだけではなく数々の新特典を付与した上での値上げであるので、ただ意味もなく値上げに踏み切っている、というわけではないのでそこは安心です。

たとえば、2014年9月には年会費26,000円から3,000円の値上げを行いました。

しかし、その代わりに「ゴールド・ダイニング」や「プライオリティパス年2回無料」などの数々の特典を追加。

実際、この2つの特典の価値は3,000円をはるかに上回る内容だったので、当時のアメックスユーザーの大多数も、この年会費の上昇についてはむしろ賛同の声が多かったほどでした。

他のゴールドカードには到底付帯していないようなゴージャスな特典が充実しており、なおかつ高ステータス性を持つので、それらを有効活用できる方であれば年会費3万円の価値は大いにあるでしょう。

念のため・・・アメックス解約の手続き、解約費用について

なお、入会してから

 

年会費が高すぎてやっぱり解約したい!

 

という場合には、解約の意思を告げれば、翌年度以降の年会費を支払うことなく、しっかりと後腐れなく解約することができます。

解約手数料なども一切かからないので安心です。

 

しかし、ここで少し裏情報になりますが、この場合において、携帯電話の乗り換え時と同様に、ある程度の優良顧客とみなされた場合はいわゆる「引き止め」にあう方も多いです。

その場合には、

  • 次年度の年会費を無料にするよ!
  • 今後のポイント還元率を改善するよ!
  • 特別に高額ポイントを贈呈するよ!

というように、何らかの特典を提示されることがあるようです。

人によってはこれを狙ってわざと解約の相談をする場合もあるのだとか。万一失敗すると解約せざるを得ませんので、決して真似をしないようにしてくださいね。

 

また、解約する際は未使用ポイントをしっかりと使い切るようにしましょう。

意外に結構なポイントが貯まっているものです。

なお、いくら年会費を払うのが嫌であっても「カードを発行してからすぐに退会する」というのは少々いただけません。

というのも、そのようなことを行うと「この人はウチのカードを発行してもすぐに退会されるかもしれない」とカード会社に思われやすくなり、次回以降のクレジットカードの発行に悪影響を及ぼす可能性が大きいからです。

1つのカードは少なくとも半年以上は所持するのが好ましいですね。

アメックスって実際使えるの?→以前よりも加盟店が大幅に増えました

クレジットカードで決済

世界2大カードブランドと言われるVISAマスターカードに比べると、アメリカン・エキスプレスで決済できるお店は一般的には少ないと言われています。

確かにそれは本当であり、少し前までは日本国内において使えるお店がとても少なく、とてもアメックスのカードをメインカードとして使うことはできないといった状況でした。

 

しかし、最近では2000年に日本独自のカードブランドであるJCBと提携を交わしたことにより、JCB加盟店の表示のある店では、どこでもアメックスのカードで決済を行うことができるようになりました

世界的にはそれほど進出しているとは言えないJCBブランドですが、日本国内の利用においてはもはやVISA、マスターカードに劣らない普及率となっているので、

アメックスのカードが使えない!

というお店はもうほとんど見かけなくなっています。

高級ブランドのアメックスですが、セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートといったコンビニや、

スーパー、ファミリーレストラン、スタバなどの各種カフェ、電車の乗車券や定期券、タクシー料金の支払い、ガソリンスタンド、駐車場料金、

映画館料金や入学検定料の支払いなどでも、しっかり利用することができます。

実際、筆者がここ1年で入った店の中で、VISA、マスターカードが使えるのにアメックスが使えなかったという店舗はひとつも存在しなかったというほどの普及率です。

また、日本国内よりも世界の方がアメックスの浸透度は高いので、世界においてもアメックスは潤沢に使用することができます。

 

以上より、時代とともに普及率が高まり、現在は国内外問わずVISAやマスターカードに追いすがる勢いで決済ができるようになったカードブランドである、と総括できるでしょう。

アメックスゴールドのほかに、念のためVISAかマスターカードのクレカをサブカードとして所有しておけば盤石です。

過去にはVISAブランドのシステム障害により一時的にVISAが使用できなかったという例もあるので、複数ブランドのカードを財布に備えておくのは賢い選択の1つです。

アメリカン・エキスプレス・コンタクトレスで簡単決済

また、アメリカン・エキスプレスも最近では手頃な決済を可能にするため、本体に専用のICチップを導入し、アメリカン・エキスプレス・コンタクトレス(国際標準規格NFC Type A/B)というコンタクトレス決済を提供しています。

これは、最近の電子マネー、ICカードなどの利用時に行うような、カードリーダーに触れる・かざすだけで決済をすることができる決済方法です。

サインを書く手間もないので、急いでいるときには大変便利です。

最近では2018年3月に全国のマクドナルドで使えるようになりました。

まだ日本のコンタクトレス加盟店は少ないのが現状ですが、しだいに数を増やしています。

アメックスゴールドは1枚目の家族カードを無料で発行可能

夫婦・家族

アメックスゴールドは、通常のクレジットカードと同様に家族カードを発行することができます。

発行対象は「自分の配偶者、親、そして18歳以上の子供」です。

兄弟姉妹は申し込むことができないので注意です。

アメックスのカードは通常の家族カードよりも適用範囲が広く設定されていることで有名で、法律上の婚姻を行っていなくても、

  • これから結婚する婚約者
  • 内縁関係にある者
  • 同性のパートナー

などの方であっても、家族カードを発行できる可能性があるのが特徴的です。

 

年会費は、1枚目の家族カードは無料です

2枚目以降は年会費12,000円(税抜)です。

1枚目の年会費が無料というのはありがたいところ。実質1枚分の年会費で、ゴールドカードを2枚も発行することができます。

こちらはアメックスゴールドにしかない特典で、ワンランク下のアメックスグリーンでは1枚目から家族カード会員費6,000円がかかってしまいます。

家族カード1枚発行が前提であれば、年会費の差がそのまま6,000円も縮まることになりますね。

 

また、このアメックスゴールドの家族カードは、カード券面にアメックスゴールドかアメックスグリーンのどちらかを選択することができます。

どちらを選んでも年会費は12,000円と変わらず、さらにグリーンの場合は京都観光ラウンジ使用権などのゴールド会員限定の特典が使用できないので、特に理由がなければ家族カードも本会員カードと同様にアメックスゴールドを選択することをおすすめします。

 

利用代金は全て本会員カードから引き落とされ、入手したポイントも全て本会員カードに加算されます。

家族全員の利用状況は、アメックスの公式ウェブサイトから簡単に確認することができます。

なお、1人の入会ごとに多少のボーナスポイントをプレゼントしていることがよくあるので、申し込む際はその時に申し込むのがベストですね。

 

なお余談ですが、こちらの「1枚目年会費無料」という特典は、先ほどもご紹介した2014年9月の年会費上昇時における追加特典でした。

その時点で家族カードを1枚発行している家庭であれば、年会費3,000円の増加にもかかわらず家族全体で見れば9,000円も安くなるという逆の現象が起こっていました。

 

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
アメックスゴールド券面高解像度
年会費 29,000円(税抜)
家族カード年会費 1枚目無料 2枚目以降12,000円(税抜)
ETCカード年会費 無料
ポイント還元率 0.3%~
ポイント有効期限 3年間(一度利用で無期限)
海外旅行傷害保険 最大1億円
電子マネー 楽天Edy、モバイルSuica、SMART ICOCA
カード発行日数 約1週間~ (Web申し込み時)
カード申し込み基準 20歳以上で安定した収入のある方

▼公式サイトから申し込む▼
アメリカン・エキスプレス 公式

 

海外旅行時における各種優待・特典

海外行きの空港時刻表

アメックスのカードは、海外旅行に関する特典がたいへん充実しています。

この章では、それについて徹底的に解説していきます。

アメリカン・エキスプレス・トラベル・オンライン&H.I.S. アメリカン・エキスプレス・トラベル・デスク

まず、海外旅行の予約時に便利な、カード会員専用の予約サイトと予約専用コールセンターがあります。

名称はそれぞれ「アメリカン・エキスプレス・トラベル・オンライン」、「H.I.S. アメリカン・エキスプレス・トラベル・デスク」と異なりますが、本質的には同じものです。

後者のトラベル・デスクはH.I.S.に業務委託をしているという差異があります。

どちらも、国内外の旅館ホテルの予約、国内外航空券の予約、レンタカーの予約、パッケージツアーやクルーズの予約、JRチケットの予約などを、会員限定の特別優待価格で提供しています。

利用することで、100円で2ポイントと通常の2倍のポイントがもらえ、そのポイントを利用して旅行代金に充当することもできます。

何かと手間がかかる海外旅行の各種手配をするにあたり、旅行に強いアメリカン・エキスプレスならではの幅広い提案を受けることができます。

トラベル・デスクの電話番号は0120-020551、携帯電話からは03-3220-6350となっています。通話料は無料です。

営業時間は平日の10:00~18:00、土曜の10:00~14:00です。土曜日はアメックスグリーンには解放しておらず、ゴールドのみの限定受付となります。

なお、トラベル・デスクで国内外パッケージツアー以外の国内航空券を予約した場合は1,200円(税抜)、

海外航空券は3,000円(税抜)の料金がかかります。基本的にはパッケージツアーの利用が中心となりますね。

 

以下はトラベル・デスクによる申し込みの流れです。

  1. 電話で希望の日程、目的地、人数を伝える
  2. トラベル・デスクからEメールで「旅行参加申込書ご登録のお願い」が送信される
  3. それが届きしだい参加する人員の登録を行う
  4. トラベル・デスクから「決済依頼のお知らせ」が送信される
  5. 届きしだい送付書類がある場合はそれを確認し、万一間違いがある場合はトラベル・デスクまで一報を入れる
  6. 間違いがない場合は「決済依頼のお知らせ」のリンクからWeb決済用フォーム(PAYMO)を通じて決済の操作を行う

主な手続きはこれで終了です。

後はトラベル・デスクにてカード代金の決済が行われ、チケットや日程表などの書面が出発の1週間前程度を目安に送られてきます。

その時に疑問点があれば、すぐに確認しましょう。

後は楽しく旅行に行くだけです。

申し込みの流れは以上になります。

トラベル・デスクのオペレーターの方は非常に対応が良く、とてもおすすめのサービスですよ。

エアポート送迎サービス

タクシー停留所

先ほどのH.I.S. アメリカン・エキスプレス・トラベル・デスクで日本発着の海外航空券、もしくは海外のパッケージツアーを購入した場合には、こちらのエアポート送迎サービスを利用することができます。

これは海外旅行の出発時・帰国時に、アメックスが提携しているMKタクシーに自宅近くの指定の場所と空港との間を格安料金で送迎してもらえるというサービスです。

対象の空港は成田国際空港、羽田空港(国際線利用のみ)、関西国際空港、中部国際空港の4つとなっています。

予約は利用の3営業日前までに行うこととなっており、利用可能地域と料金はこの表の通りとなっています。

 

成田国際空港の利用可能地域・料金

東京都
都内23区、三鷹市、武蔵野市、台場地区(台場、青海、東八潮) 14,000円
西東京市、調布市、狛江市、稲城市、府中市、清瀬市、東久留米市、小平市、小金井市、国分寺市、国立市、多摩市、八王子市、町田市、昭島市、日野市、立川市、東村山市、東大和市、武蔵村山市 21,000円
神奈川県
横浜市、川崎市、鎌倉市、逗子市、葉山町、横須賀市、三浦市、相模原市、大和市、座間市、綾瀬市、海老名市、厚木市、藤沢市、寒川町、茅ヶ崎市、平塚市、大磯町 21,000円
千葉県
成田市、宮里市、酒々井市、栄町 4,800円
佐倉市、八街市、印西市、四街道市、八千代市、白井市、千葉市、鎌ヶ谷市、船橋市、習志野市、浦安市、市川市 7,000円
我孫子市 12,000円
松戸市、柏市、流山市、市原市 14,000円
野田市 21,000円
玉県
八潮市、三郷市 14,000円
さいたま市、川口市、越谷市、草加市、戸田市、朝霞市、和光市、新座市、志木市、蕨市、ふじみ野市、富士見市、三芳町、狭山市、所沢市、川越市、入間市 21,000円
茨城県
取手市 12,700円

羽田空港の利用可能地域・料金

東京都
大田区、品川区、江東区 2,000円
港区、中央区、世田谷区、目黒区、渋谷区、千代田区、台東区、墨田区、文京区、新宿区、江戸川区、荒川区、北区、豊島区 4,500円
中野区 7,900円
足立区、葛飾区、杉並区、板橋区、練馬区 8,000円
三鷹市、武蔵野市、西東京市、調布市、狛江市、稲城市、清瀬市、東久留米市、小平市、小金井市、国分寺市、国立市、多摩市、府中市、日野市、町田市 8,500円
八王子市、昭島市、立川市、東村山市、東大和市、武蔵村山市、福生市、瑞穂町、あきる野市、日の出町、青梅市、羽村市 13,000円
檜原村、奥多摩町 14,000円
神奈川県
川崎市(川崎区、幸区、中原区) 2,000円
川崎市(高津区、宮前区)、横浜市(神奈川区、港北区、中区、南区、磯子区、西区、保土ヶ谷区、都筑区、旭区、緑区) 4,500円
川崎市(多摩区、麻生区)、横浜市(泉区、瀬谷区、栄区、港南区、戸塚区、金沢区、青葉区) 8,500円
鎌倉市、逗子市、葉山町、横須賀市、相模原市(中央区、南区、緑区)、大和市、座間市、綾瀬市、海老名市、寒川町、茅ヶ崎市、藤沢市、三浦市、厚木市、平塚市、大磯町、二宮町、伊勢原市、秦野市、愛川町 13,000円
千葉県
浦安市 8,300円
市川市、船橋市、松戸市 8,500円
鎌ヶ谷市、習志野市 10,000円
袖ヶ浦市、木更津市 11,600円
柏市、流山市、八千代市、我孫子市、白井市、千葉市、四街道市、印西市、君津市、市原市、富津市 13,000円
成田市、野田市、佐倉市、酒々井町、富里市、長柄町、長南町、芝山町、多古町、神崎町、香取市 14,000円
栄町、横芝光町、山武市、匝瑳市、茂原市、白子町、長生村、睦沢町、八街市、いすみ市、大多喜町、御宿町、勝浦市、東金市、 九十九里町、大網白里町、一宮町、鋸南町、館山市、南房総市、鴨川市、旭市、東庄町、銚子市 17,000円
埼玉県
八潮市、三郷市、川口市、草加市、戸田市、朝霞市、和光市、新座市、蕨市 8,500円
さいたま市、越谷市、志木市、富士見市、三芳町、狭山市、所沢市、吉川市、川越市、飯能市、春日部市、上尾市、入間市、ふじみの市、蓮田市、伊奈町 13,000円

関西国際空港の利用可能地域・料金

大阪府
大阪市、泉大津市、泉佐野市、和泉市、貝塚市、柏原市、河内長野市、岸和田市、堺市、狭山市、泉南市、泉南郡(岬町、田尻町、熊取町)、泉北郡(忠岡町)、高石市、富田林市、羽曳野市、阪南市、藤井寺市、松原市、八尾市、南河内郡(河南町、太子町、千早赤阪村) 10,000円
池田市、茨木市、交野市、門真市、四条畷市、三島郡島本町、吹田市、摂津市、大東市、高槻市、豊中市、豊能郡(豊能町、能勢町)、寝屋川市、東大阪市、枚方市、箕面市、守口市 14,000円
兵庫県
神戸市、芦屋市、尼崎市、川西市、宝塚市、西宮市、伊丹市 14,000円
京都府
京都市内、宇治市、乙訓郡(大山崎町)、京田辺市、久世郡(久御山町)、城陽市、綴喜郡(井手町、宇治田原町)、長岡京市、向日市、八幡市、相楽郡(笠置町、加茂町、木津町、精華町、山城町、和束町、南山城村) 18,000円

中部国際空港の利用可能地域・料金

愛知県
名古屋市、岡崎市、幸田町(額田郡)、蒲郡市、日進市、みよし市、東郷町、安城市、刈谷市、知立市、西尾市、幡豆町、吉良町、一色町、碧南市、高浜市、常滑市、半田市、知多市、東海市、大府市、豊明市、知多郡(阿久比町、武豊町、東浦町、南知多町、美浜町) 7,000円
その他愛知県全域 12,000円

 

基本カード会員と家族カード会員合計で年間4回まで使用することができますが、片道を1回とカウントするので、往復で使用する場合は実質的に年2回のみの利用となります。

なお、アメックスグリーン会員では、年間2回の利用のみです。

最大乗車人数は5人で、スーツケースは1名あたり1つまで持ち込むことができます。

大きなものは持ち込めないので、後述する大型手荷物宅配優待特典で送りましょう。

キャンセル料金は利用日の2日前までの場合は無料で、前日の16:00までに連絡の場合は半額負担、それ以降は全額負担となるので注意しましょう。

様々な制限はついているものの、通常料金の半分程度の料金で優雅にタクシー移動ができるので、海外旅行の際はぜひご利用のほど。

空港ラウンジが利用可能

空港ラウンジ 成田空港

さて次は、ステータスカードの醍醐味である「空港ラウンジ」についてです。

このアメックスゴールドにも、当然ながら空港ラウンジを使う権利が付与されています。

対象の空港は国内28空港39箇所海外2空港です。

空港 ラウンジ 場所 営業時間
新千歳空港 スーパーラウンジ 国内線旅客ターミナルビル 3階 7:00~20:30
函館空港 ビジネスラウンジ『A Spring』 国内線旅客ターミナル 2階 8:00~最終便 最終搭乗案内まで(19:30頃)
青森空港 エアポートラウンジ ターミナルビル 2階 初便出発定刻の1時間前~最終便出発定刻の15分前
秋田空港 ロイヤルスカイ(Royal Sky) 国内線旅客ターミナルビル 2階 6:50~20:25
仙台空港 ビジネスラウンジ ビジネスラウンジイーストサイド(3階) 7:30~20:30
羽田空港 国際線ターミナル「Sky Lounge」 国際線ターミナル 4階 24時間
第1ターミナル「エアポートラウンジ(中央)」※1 第1ターミナル 1階 6:00~20:00
第1ターミナル「POWER LOUNGE NORTH」※1 第1ターミナル 2階 6:00~20:30
第1ターミナル「POWER LOUNGE SOUTH」※1 第1ターミナル 2階 6:00~21:00
第2ターミナル「エアポートラウンジ(南)」※2 第2ターミナル 2階 6:00~20:00
第2ターミナル「エアポートラウンジ(北)」※2 第2ターミナル 3階 6:00~20:00
第2ターミナル「POWER LOUNGE NORTH」※2 第2ターミナル 3階 6:00~21:30
成田国際空港 IASS EXECUTIVE LOUNGE 1 第1旅客ターミナル中央ビル 5階 7:00~21:00
IASS EXECUTIVE LOUNGE 2 第2旅客ターミナル本館 4階 7:00~21:00
新潟空港 エアリウムラウンジ 旅客ターミナルビル 3階 7:10~19:50
(受付は19:30まで)
富山空港 ラウンジらいちょう 旅客ターミナルビル 2階 6:20~19:30
(運航時間により変更)
中部国際空港 プレミアムラウンジ セントレア 旅客ターミナルビル 3階 中央 7:00~20:45
小松空港 スカイラウンジ白山 国内線旅客ターミナルビル 2階 7:00~19:40
大阪国際空港(伊丹空港) ラウンジオーサカ 中央ブロック 3階 6:30~20:00
(最終受付19:45)
関西国際空港 カードメンバーズラウンジ 比叡 旅客ターミナル3階 北側 7:30~22:00
ラウンジ 六甲 北ウイング 2階 7:30~22:30
アネックス六甲 北ウイング 2階 8:00~21:00
ラウンジ 金剛 南ウイング 2階 7:30~22:30
神戸空港 ラウンジ神戸 旅客ターミナルビル2階 搭乗待合室内 6:30~21:00(最終便出発時間の10分前まで)
岡山空港 ラウンジマスカット ターミナルビル 3階 6:30~最終出発便20分前
広島空港 ビジネスラウンジ もみじ 国内線2階出発ロビー JALカウンター隣 7:00~20:30
米子空港 ラウンジDAISEN 2階 出国待合室付近 382便出発1時間前~390便出発15分前まで
(受付終了:390便出発30分前)
山口宇部空港 ラウンジ「きらら」 国内線旅客ターミナル 3階 7:15~20:00
高松空港 ラウンジ 讃岐 旅客ターミナルビル 2階 6:15~最終便出発時間20分前まで
松山空港 ビジネスラウンジ ターミナルビル 2階 6:45~19:30
スカイラウンジ ターミナルビル 3階 8:30~19:30
徳島空港 エアポートラウンジ ヴォルティス ターミナルビル 3階 始発便出発1時間前から最終便出発15分前まで
北九州空港 ラウンジひまわり 2階 待合室内 7:00~21:00
福岡空港 国内線「くつろぎのラウンジTIME」 国内線旅客ターミナルビル北1階
(旧第3ターミナルビル)
6:30~20:30
ラウンジTIMEインターナショナル 国際線旅客ターミナル3階 搭乗待合室56番ゲート付近(出国検査後エリア) 出国審査開始時間~21:00
長崎空港 ビジネスラウンジ「アザレア」 旅客ターミナルビル 2階 6:45~20:30
大分空港 ラウンジくにさき 旅客ターミナルビル 2階搭乗待合室内 6:40~最終便出発の15分前
熊本空港 ラウンジ「ASO」 旅客ターミナルビル 2階 始発便チェックイン開始~最終便出発時刻まで
鹿児島空港 スカイラウンジ 菜の花 国内線ターミナル内 2階 7:00~20:00
那覇空港 ラウンジ華~hana~ 1階到着ロビー 8:00~20:00
ダニエル・K・イノウエ国際空港
(旧・ホノルル国際空港)
IASS HAWAII LOUNGE ターミナル2 1階ガーデンコートエリア 7:30~13:30
14:00~18:00
韓国 仁川国際空港 第1ターミナル「MATINA」 第1ターミナル 4階 7:00~21:00
第2ターミナル「AIRCAFE」 第2ターミナル4階トランジットホテル内
(252番ゲート向かい)
7:00~21:00

※1、※2はそれら全てで1箇所とカウント

 

1つの空港に複数のラウンジがある場合もあるので、国内28空港に39箇所のラウンジが存在します。

利用時には、アメックスゴールドと当日の搭乗券をラウンジ受付に提示しましょう。

通常のステータスカードであれば空港ラウンジの対象者はカード本会員1人のみというのが一般的ですが、このアメックスゴールドであれば、同伴者1人も無料で空港ラウンジを使用することができます。

これはなかなか他カードにはないメリットですね。

友達や恋人、部下と2人で旅行をしている時、自分だけ特別な空港ラウンジに行くというのはやはり気が引けるものです。

これならば気兼ねなく2人ともラウンジに入場することができますよ。

同伴者にカッコもつけられますね。

 

また、ちょっとした裏技として、家族カード会員も自らと同伴者1人の利用権を持つので、例えば4人家族で両親が本会員・家族カードを1枚ずつ所持している場合は、子供も含めて4人全員が優雅に空港ラウンジを使用することができます。

場所にもよりますが、各種ソフトドリンクやアルコール類、軽いおつまみ、フリーWi-Fi・無線LANによるインターネット環境、充電プラグ、新聞、雑誌、コピー機、FAX、会議室、仮眠室、シャワールーム、マッサージチェアなどを自由に使用することができます。(一部有料のものもあり)

プライオリティパス

プライオリティパス券面画像

また、先ほどの「空港ラウンジ使用権」で使用できるラウンジはいわゆる「通常の空港ラウンジ」ですが、

このアメックスゴールドではさらに上位グレードの、世界130カ国500都市1,200か所以上に点在するVIPラウンジを使用することができるプライオリティパスという機能が備わっています。

このVIPラウンジは通常であればファーストクラス、ビジネスクラスの搭乗券の所持者や各種航空マイレージ上級会員でなければ入ることができないラウンジですが、

このプライオリティパスがあれば、利用航空会社・座席クラス関係なく入場可能です。

アメックスゴールドのグレードはスタンダード会員

アメックスゴールドに付帯しているプライオリティパスのグレードはスタンダード会員(通常年会費99ドル)というグレードであり、このスタンダード会員ではVIPラウンジを1回27ドルで利用することができます。

現在の日本円換算ではだいたい3,000円ですね。

また、同伴者も同様の27ドルで使用可能です。2人であれば計6,000円です。

プライオリティパスに存在する会員グレードはこのようになっています。

年会費 本人利用料金 同伴者利用料金
スタンダード 99米ドル 32米ドル 32米ドル
スタンダード・プラス 299米ドル 10回まで無料
以降32米ドル
プレステージ 429米ドル 常時無料

 

なお、アメックスゴールドでは特典として、スタンダード会員であるにもかかわらず、年2回までの利用が無料になります。

1回あたり約3,000円程度なので、2回無料で使用すれば実質6,000円の特典です。高額な年会費も大幅にコストダウンすることができますね。

 

また、それでも

「パスを持っていても3回目以降は有料なのか・・・」

と思われる方もいらっしゃるでしょうが、そもそもこのように会員でなければ利用できない超高級ラウンジなので、先ほどの空港ラウンジと比較しても利用者が一部の富裕層に限られ、さらに提供されるサービスも先ほど例示したサービスよりも一段階上。

各種飲食サービスも充実しているので、単純に「1回のディナー代金」と考えた場合、それに加えて素晴らしいサービスも豊富に用意されており、これを3,000円で受けられるのはむしろメリットであるとも捉えることができるでしょう。

家族カード会員もプライオリティパスを独自に発行可能

また、家族カード会員も同様にプライオリティパスを発行することができます。

本会員に頼らなくても、家族カード所持者は自ら他の同伴者を連れて旅行時にVIPラウンジを使用することが可能です。

この家族カードの最大の売りは、アメックスゴールドの年2回無料使用特典がこちらにも付いているという点です。

「全員の総使用回数が2回まで」ではなく「本会員・家族カード会員それぞれ2回ずつ使用可能」なので太っ腹です。

家族カードは1枚目が無料であることからも、仮に本会員・家族カード会員ともに2回ずつフルに使用した場合は、

3,000×4=12,000円と、実に12,000円分もお得に使用することができます。これはアメックスグリーンにはない、アメックスゴールド独自のメリットです。

ラウンジは手荷物検査場の後に位置する

また、このプライオリティパス限定の高級ラウンジは、手荷物検査場の後にあるのがポイントです。

先ほどの空港ラウンジは基本的に手荷物検査場の前にあり、飛行機に乗り込む際には通常通り十分な時間を保った上で手荷物検査場に向かわなければなりません。

しかし、こちらのVIPラウンジは、すでに手荷物検査を済ませた後に位置します。

搭乗アナウンスがあったタイミングでの移動で十分時間に間に合うことができ、心理的にも落ち着いた行動を取ることができます。

プライオリティパスは海外での利用がベスト

海外にある様々なVIPラウンジを利用できるこのプライオリティパスですが、

日本国内には、実際にプライオリティパスを利用できる空港はほぼ存在せず、成田空港、中部国際空港、関西国際空港、福岡空港の4空港にしか存在しません。

それゆえ、基本的には海外旅行時の付帯サービスとなります。

 

海外旅行時においては、複数の国を経由して目的地に向かうといった場面も多々見受けられます。

その際の待ち時間は、場合によっては5時間以上などと、長時間にわたって持たされてしまうこともよくあります。

そういった場合に、空港から一切出ずにこのVIPラウンジで優雅な一時を過ごせるのはメリットです。

海外では日本よりもはるかに治安の悪い場所が数多く、そのような中継地点の空港内においては、VIPラウンジ内で時を過ごすことにより、盗難などのリスクを最小限に抑えることができます。

国内旅行時には先ほどの無料空港ラウンジを利用し、海外渡航の際はこちらの有料VIPラウンジを利用する、といった使い分けもできますね。

プライオリティパス専用スマホアプリ

また、プライオリティパスには専用スマホアプリが存在します。

こちらのアプリは、デジタル会員証となったり、各種空港ラウンジを検索することができたりと、海外旅行を行うにあたり様々な有益な機能があるので、利用する際は事前にインストールをしておきましょう。

取得には申し込みが必要

このプライオリティパスはアメックスゴールドにただ申し込んだだけで自動的にはもらえず、カード取得後に専用Webサイト「プライオリティパス・メンバーシップ」へ登録し、各種情報を入力して申し込む必要があります。

プライオリティパスの到着には平均1ヶ月程度かかるので、なるべくアメックスゴールド発行とともに手続きをWeb上で済ませておくのが好ましいでしょう。

ゆえに、「カード発行とともに即座に海外でプライオリティパスを利用」といったことはできません。このタイムラグについては認知しておく必要があります。

 

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
アメックスゴールド券面高解像度
年会費 29,000円(税抜)
家族カード年会費 1枚目無料 2枚目以降12,000円(税抜)
ETCカード年会費 無料
ポイント還元率 0.3%~
ポイント有効期限 3年間(一度利用で無期限)
海外旅行傷害保険 最大1億円
電子マネー 楽天Edy、モバイルSuica、SMART ICOCA
カード発行日数 約1週間~ (Web申し込み時)
カード申し込み基準 20歳以上で安定した収入のある方

▼公式サイトから申し込む▼
アメリカン・エキスプレス 公式

 

手荷物無料宅配サービス

旅行時の手荷物・キャリーケース

アメックスゴールドを持っていれば、海外旅行時に自宅から空港間の手荷物を無料で配送してくれるサービスがあります。

こちらは年に何度でも利用でき、何度利用しても無料というかなりお得な制度。

海外へ出発する「行き」の時や、海外から帰ってくる「帰り」の時問わず、海外旅行であればいつでも使用することができます。

通常のゴールドカードであれば「片道のみ無料」といったサービスが多いところです。

 

行きは自宅に配送業者を呼んで手荷物を受け取ってもらい、空港に着いたら宅配伝票とアメックスゴールド、当日の搭乗券を提示し、手荷物を受け取るという流れになります。

帰りは空港内で配達カウンターに搭乗券とアメックスゴールドを提示し、手荷物無料宅配サービスの利用の旨を申し出て、そこからから自宅に送ってもらうように手配することができます。

各空港のお取引カウンター、お申し込みカウンターについては以下の通り。

 

出発時の「荷物お引き取りカウンター」の一覧

成田国際空港

場所 営業時間
JALエービーシーカウンター 第1ターミナル
北・南4階(出発階)
7:00~21:00
第2ターミナル
南3階(出発階)
7:00~21:00

羽田空港

場所 営業時間
宅配手荷物カウンター
(JALエービーシー)
国際線ターミナル3階(出発階) 24時間

中部国際空港

場所 営業時間
手荷物サービスカウンター 3階(出発階) 6:30~21:30

関西国際空港

場所 営業時間
JALエービーシーカウンター 4階南(出発階) 6:30~22:30

 

帰国時の「荷物お申し込みカウンター」の一覧

成田国際空港

場所 営業時間
JALエービーシーカウンター 第1ターミナル
北・南1階(到着階)
6:00~最終便
第2ターミナル
本館1階(到着階)
6:00~最終便

羽田空港

場所 営業時間
宅配手荷物カウンター
(JALエービーシー)
国際線ターミナル2階(到着階) 24時間

中部国際空港

場所 営業時間
宅配手荷物カウンター 2階(到着階) 7:00~22:00

関西国際空港

場所 営業時間
JALエービーシーカウンター 1階南(到着階) 6:15~22:30

 

なお、宅配の条件が「スーツケースまたはゴルフバッグ、縦・横・高さの合計が160cm以内で重量が30キロ以内までのもの」と設定されており、スキー、スノーボード、サーフボードなどは預けることができません。

 

通常であれば片道2,000円、往復で4,000円程度かかるサービスなので、アメックスゴールドの持つ海外旅行時の特典サービスの中でも特に秀逸と言えるサービスです。

お土産などを大量に持ち帰った帰りの便で使えるのが特にありがたいですね。

こちらのサービスの対象空港は羽田空港、成田国際空港、関西国際空港、中部国際の4空港です。

 

格安航空会社の便が数多く往来する成田国際空港第3ターミナルにはお申し込み・お引き取りカウンターが存在しないので、その場合は第2ターミナルの出発階カウンターから手荷物を引き取る必要があります。

500m以上もの移動距離があるので、格安航空券を購入した際は注意しましょう。

予約は出発の1週間前までに行う必要があり、ウェブサイトか電話にて承っています。

電話番号は0120-989-509です。営業時間は平日10:00~18:00、土日祝10:00~17:00で、通話料は無料です。

スプレー缶や花火など、航空機搭載制限品に該当するものはサービスの対象外です。

大型手荷物宅配優待特典

先ほどの「手荷物無料宅配サービス」で宅配できる大きさを超えている場合は、こちらの大型手荷物宅配優待特典を利用することができます。

こちらは先ほどのように無料とはいきませんが、一般価格よりも1,000円割引された優待価格で、行き・帰り時に同様に運送することができます。

対応空港は羽田空港(国際ターミナル)、成田国際空港、中部国際空港の3空港。

先ほどの手荷物無料宅配サービスを利用することができた関西国際空港はこちらは利用できません。

利用可能サイズは、手荷物の縦・横・高さの合計が160cm~240cm、重量は30kg~50kgのものが対象です。

こちらでは、先ほどは不可能であった自転車・スキー・サーフボードといった大型荷物を運送することができます。

「自分の自転車で海外の土地を渡ってみたい!」という方には嬉しいサービスですね。

電話番号は、先ほどの手荷物無料宅配サービスの予約センターと同様に0120-989-509です。

こちらも、出発の1週間前までに予約を入れ、空港で引き取り等の手続きを行う必要があります。

無料ポーターサービス

空港内の移動を円滑に行えるサービスです。

出発地では空港の駅改札口やバス停からチェックインカウンターまで、

帰国時には到着ロビーから空港駅改札口やバス停まで、専属スタッフさんが自分の荷物を運んでくれます

専属のスタッフさんに荷物を運んでもらうのは、リッチで気分がいいですね。

こちらは成田国際空港と関西国際空港の2港が対応。

利用の前日までに、こちらの電話番号に予約が必要です。

成田国際空港(第1・第2共通):JALエービーシー
03-6687-7888 (9:00~17:00 年中無休)

関西国際空港:JALエービーシー
072-455-3450 (9:00~18:00 年中無休)

成田国際空港は、前日の受付終了時間が1時間早いので気をつけましょう。

先ほどの手荷物無料宅配サービスと組み合わせ、空港まで郵送してもらった荷物をそのままチェックインカウンターまで運んでもらうなんてことも可能ですよ。

空港パーキング優待

先ほどご紹介したエアポート送迎サービスを使わずに、自分の車で空港に向かうという方にもお得な特典があります。

この空港パーキング優待では、空港近くのアクセスが良好な駐車場でアメックスゴールド会員限定の割引特典を受けることができます。

対象空港は成田国際空港、羽田空港、関西国際空港、福岡空港の4港。

出発の2日前までに予約をする必要があります。

それぞれの空港に隣接しているパーキングの詳しい詳細は表の通り。

パーキング名 住所 電話番号 独自特典
成田空港 サンパーキング成田店 千葉県成田市駒井野134 当日専用ダイヤル
0476-33-1166
(4:30~22:30)
サン予約センター
0476-33-1123
(9:00~18:00)
通常駐車料金より38%オフ
機械水洗い洗車が無料
羽田空港 サンパーキング羽田 浮島店 神奈川県川崎市川崎区浮島町11-4 当日専用ダイヤル
044-270-0020
(5:00~24:00)
サン予約センター
0476-33-1123
(9:00~18:00)
通常駐車料金より特別割引
関西国際空港 VIPカーデリバリーサービス 大阪府泉佐野市松原2-4-57 VIPカーデリバリーサービス
072-469-0775
(6:00~関西国際空港最終便着まで)
通常駐車料金より20%オフ
安い関空駐車場 大阪府泉佐野市松原2-5-6 安い関空駐車場
072-464-3719
(6:00~22:00)
通常駐車料金より20%オフ
福岡空港 福岡空港サイドパーキング 福岡県福岡市博多区榎田1-6-4 福岡空港サイドパーキング
092-436-4660
(9:00~18:00)
通常駐車料金から、
国際線利用の場合は200円オフ
国内線利用の場合は100円オフ

空港クロークサービス

こちらは中部国際空港のみのサービスですが、乗り継ぎ便の待ち時間など、空港内で長時間の待機時間が発生した場合に、カード会員1人につき2つの荷物までを無料で預けることができます。

最近は空港内にも面白い店が増えているので、各店を回る際にかさばる手荷物を預けられるサービスは大変ありがたいところです。

なお、利用は当日のみ有効。

日をまたいでの利用は不可なので、その点はご了承のほど。

受け付け可能カウンターはこの2つです。

場所 カウンター営業時間
手荷物サービスカウンター 中部国際空港 3階(出発階) 6:30~21:30
宅配手荷物カウンター 中部国際空港 2階(到着階) 7:00~22:00

海外用レンタル携帯電話

iPhone8

海外用のレンタル携帯電話を、通常価格250円/1日の半額、125円/1日で借りることができます。

また、おまけで通話料も通常価格から10%割引になります。

対象空港は成田国際空港、関西国際空港、羽田空港(国際線ターミナル)。

こちらも電話による予約が必要です。通話料は無料。

JALエービーシーコールセンター

0120-086-072 (平日9:00~18:00、土日祝9:00~17:00)
海外から:03-3545-1143

海外では自由に携帯電話が使えないことも多いので、それを1日たったの125円で利用できるというのは貴重。

オーバーシーズ・アシスト

海外の有事に備えて、海外旅行先での日本語サポートサービス「オーバーシーズ・アシスト」という機能があります。

こちらは、世界中のほぼ全ての国から通話料無料・コレクトコールでカード会員専用の電話窓口にすぐさま相談することができるというものであり、24時間365日いつでも対応しています。

通常のゴールドカードでは平日の営業時間のみ対応といったものが数多く、いつでも対応というのは他には真似できないところです。

各地域に対応する電話番号はこの通り。日本国内では本サービスは利用できませんのでご了承のほど。

地域 国名 電話番号
欧米 アメリカ合衆国
(ハワイ・アラスカを含む)
1-800-866-8630
カナダ 1-800-866-8630
中南米・カリブ諸島 *1-804-673-1669
フランス 0800-90-86-29
ドイツ 0800-181-0740
イギリス 0800-824-482
スペイン 900-99-4446
イタリア 800-871-972
スイス 0800-55-47-02
上記以外のヨーロッパ
(旧ソ連邦・アフリカ・中近東)
* 44-20-8840-6462
アジア・オセアニア オーストラリア 1800-553-154
ニュージーランド 0800-44-9347
香港 800-96-3012
シンガポール 1800-535-1561
韓国 00798-651-7031
台湾 00801-65-1168
上記以外のアジア・オセアニア * 65-6535-1561

注:*印の電話番号はコレクト・コールをご利用ください。

万一つながらない場合は、カード券面の裏にある電話番号にも掛けることができます。

 

オーバーシーズ・アシストで相談できる事項は、

  • 各種航空券、宿泊施設、ゴルフ場、レンタカー、レストラン、コンサート、ミュージカル等の案内・予約・確認・変更・取り消し
  • パスポート、査証、予防接種の案内
  • 簡易な通訳サービス(業務利用は不可)
  • 現地の医師、病院、弁護士の紹介・案内
  • 現地の日本大使館や領事館の紹介・案内
  • パスポート、トラベラーズ・チェックなどの各種所持品の紛失・盗難時サポート
  • カード付帯の海外旅行傷害保険の保険金の適用請求
  • カードの紛失・盗難時における各種処置、再発行手続き
  • 緊急メッセージ伝言サービス(業務利用は不可)
  • その他アメリカン・エキスプレス・カード関連のお問い合わせ

といった「便利機能」のほか、緊急時の助けとなる

メディカル・サービス

  • 電話による24時間医療相談
  • 近場の病院の紹介
  • 病院の予約および入院の手配
  • テレフォン・アシスト・サービス
  • 医療機関への信用保証および資金援助
  • 緊急移送(転院・帰国補助)
  • 現地への医療関連者の派遣
  • 治療経過・管理のチェック
  • 家族への緊急事態連絡
  • 帰国時の各種手配

リーガル・アシスト・サービス

  • 緊急時弁護士紹介サービス
  • カード会員、有資格者が海外で拘留された時、最高1,000米ドルまで保釈金を立て替えるサービス
  • 弁護士費用を、1件につき1,000米ドルまで立て替えるサービス
  • 日本語通訳者の手配サービス

といった事項まで、ほぼ何でも相談することができます。

もちろん、日本語での対応ですよ。

多少の差異はありますが、まるで海外におけるコンシェルジュサービスのように利用することもできます。

本人のみでなく、家族カードを持っている家族持っていない家族もすべてサービスの対象になります。

 

なお、この「オーバーシーズ・アシスト」は、アメックスグリーンに付帯している「グローバル・ホットライン」の完全上位互換となるサービスです。

グローバル・ホットラインではあくまで前半の各種提案・案内しか行えず、後半のメディカル・サービス、リーガル・アシスト・サービスといった「緊急時における実際の支援・手配」はサービス対象外

海外で「いざ」となった時のことを考えると、こちらの「オーバーシーズ・アシスト」が万全です。

電話番号もグリーンとは異なり、実際の待ち時間が大変短いこともメリットの1つです。

トラベル・サービス・ロケーション

こちらはあまり日本国内においてメジャーではないサービスですが、ウェブサイト上で世界各国に点在するトラベル・サービス・ロケーションの所在や、そのサービス内容を確認することができます。

なお、日本語には対応しておらず、英語のみの表示となります。

ウェブサイト上のサービス名、そして点在する施設の名前のどちらもトラベル・サービス・ロケーションなので、少々紛らわしいところです。

 

海外のトラベル・サービス・ロケーション施設内では、アメリカン・エキスプレス・トラベラーズ・チェックという、アメックスが発行する有効期限なしの小切手を現金と交換するサービスが行われています。

国内で日本円を信頼性の高いアメリカン・エキスプレス・トラベラーズ・チェックに交換し、海外で現地通貨に換金することによって円滑な海外生活を送れる、といった商品でしたが、

残念ながらこちらは2014年3月31日に既に発行が停止となっています。

現在は既に持っている小切手の交換のみ可能といった状態なのでご注意ください。

これらの数ある海外優待の中では、日本国内においてはさほど利用されていないサービスとなります。

レンタカーの国内利用

自動車旅行

また、海外旅行のみでなく、国内旅行も円滑に行えるような様々な特典があります。

その1つが「レンタカーの国内利用」特典。

国内の各社レンタカーを、基本料金から5%オフの価格で利用することができます。

各会社の電話番号及び詳細はこの表の通り。すべて通話料無料です。

なお、会計をアメックスのカードで行うことが条件です。

レンタカー会社 受付時間 電話番号
オリックスレンタカー 平日 8:00~20:00
土日祝 8:00~17:00
0120-30-5543
トヨタレンタカー 8:00~20:00 0800-700-0111
日産レンタカー 平日 8:00~20:00
土日祝 9:00~18:00
0120-00-4123
ニッポンレンタカー 平日 8:00~20:00
土日祝 9:00~18:00
0800-500-0919
タイムズ カー レンタル 平日 8:00~20:00
土日祝(12/31~1/3含む) 9:00~17:45
0120-00-5656

国内旅行の際も、アメックスゴールドをそばに携帯しておきましょう。

タイムズカープラスによるカーシェアリングサービス

先ほどのレンタカーの優待料金に加え、業界最大手のタイムズカープラスのカーシェアリングサービスの利用時に、通常1,550円かかる入会手数料が無料になります。

全国6,000ヶ所以上のタイムズで車を24時間いつでも借りられるサービス。

月額1,030円、各種利用料金はかかってしまうものの、

旅先で、営業所に行ってレンタカーを借りるほどではないけど、ちょっとした移動をしたい時、

大きな買い物をしてしまった時、

急に大人数での移動が必要になった時などに、フレキシブルに利用ができるサービスとなっています。

こちらも、引き落としをアメックスゴールドにすることが条件です。

 

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
アメックスゴールド券面高解像度
年会費 29,000円(税抜)
家族カード年会費 1枚目無料 2枚目以降12,000円(税抜)
ETCカード年会費 無料
ポイント還元率 0.3%~
ポイント有効期限 3年間(一度利用で無期限)
海外旅行傷害保険 最大1億円
電子マネー 楽天Edy、モバイルSuica、SMART ICOCA
カード発行日数 約1週間~ (Web申し込み時)
カード申し込み基準 20歳以上で安定した収入のある方

▼公式サイトから申し込む▼
アメリカン・エキスプレス 公式

 

各種補償・セキュリティ関連

旅行傷害保険補償

ステータスカードの象徴である各種旅行傷害保険も、充実のラインナップです。

まず海外旅行においては、障害死亡保険金が最大1億円の補償と、ゴールドカードとしては破格の、まさにプラチナレベルの補償額です。

各補償の内訳はこちら。

保険金の種類 カード本会員の補償額 本会員家族の補償額 家族カード会員の補償額
傷害死亡保険金 1億円 1,000万円 5,000万円
傷害後遺障害保険金 最高1億円 最高1,000万円 最高5,000万円
傷害治療費用保険金 最高300万円 最高200万円 最高300万円
疾病治療費用保険金 最高300万円 最高200万円 最高300万円
賠償責任保険金 最高4,000万円 最高4,000万円 最高4,000万円
携行品損害保険金 1旅行中最高50万円
(免責金額3千円、年間限度額100万円)
1旅行中最高50万円
(免責金額3千円、年間限度額100万円)
1旅行中最高50万円
(免責金額3千円、年間限度額100万円)
救援者費用保険金 最高400万円 最高300万円 最高400万円

携行品損害においては、3,000円は自分で支払う免責部分であり、年間限度額は100万円です。

カードを持っているだけで、本会員の家族全員も家族特約により補償されるのが魅力的。

カード発行ができない18歳未満の子供なども全て対象です。

また、家族カード所持者であれば、通常の家族よりも補償額がパワーアップ。

傷害死亡・後遺障害のみ1億から5,000万へ減少してはいるものの、その他の補償については本会員と何ら変わらない補償金を受けとることができます。

なお、これらの補償は実際に海外旅行時に航空チケット料金、ホテル代金、パッケージツアー料金などをアメックスゴールドで支払った際に適用される「利用付帯」の補償なので、他カードや現金などの別の方法で支払った際には補償額が減少してしまいます

ここでご紹介している特典の適用など、旅行時に使用することで様々な優待があるので、アメックスゴールドで支払うことはそこまで重荷にはなりません。

 

別の方法で支払った際など「カードを持っているだけ」で補償される自動付帯の補償額はこちら。

保険金の種類 カード本会員の補償額 本会員家族の補償額 家族カード会員の補償額
傷害死亡保険金 5,000万円 1,000万円
傷害後遺障害保険金 最高5,000万円 最高1,000万円
傷害治療費用保険金 最高200万円 最高200万円
疾病治療費用保険金 最高200万円 最高200万円
賠償責任保険金 最高4,000万円 最高4,000万円
携行品損害保険金 1旅行中最高50万円
(免責金額3千円、年間限度額100万円)
1旅行中最高50万円
(免責金額3千円、年間限度額100万円)
救援者費用保険金 最高300万円 最高300万円

全体的に利用付帯時よりは補償額がわずかに減少しているものの、それでも他のゴールドカードに比べればはるかに高い金額です。

元々二回り程度上回っていた補償額が一回り小さくなったとしても、依然として一回り大きい補償額を維持しています。

なお、家族カード会員の補償が一切無くなっていて少々不安になられた方もいらっしゃるかとは思いますが、「家族カード会員」は当然「本会員の家族」に含まれるので、

通常通り基本カード会員と共に旅行をしていれば、真ん中の「本会員家族の補償額」を受け取ることができますよ。

あくまで、家族カード会員限定の増額が無くなったというだけです。

 

また、珍しく国内旅行傷害保険にも適用があります。

国内旅行傷害保険金の種類 カード本会員の補償額 本会員家族の補償額 家族カード会員の補償額
傷害死亡保険金 5,000万円 1,000万円
傷害後遺障害保険金 最高5,000万円 最高1,000万円

こちらは傷害死亡・後遺障害、なおかつ利用付帯のみの補償となりますが、「海外の利用のみが対象」といったカードが多い中、これは相対的にメリットです。

こちらも先ほどと同様に、家族カード会員含む家族全員が対象となります。

海外旅行時における航空便遅延費用補償

それらの各種補償に加え、ゴールドカード限定特典として航空便遅延費用補償というサービスがあります。グリーンカードには付帯しておりません。

これは、カード本会員が海外に渡った際、航空便の遅延によって臨時に出費した宿泊代金や食事代をアメックスが代わりに負担してくれるというもの。

さらに、手荷物の到着遅延や紛失が原因で負担した新たな衣類・生活必需品の購入費用も補償されるという、何とも太っ腹なサービスです。

各種保険金の詳細はこの表の通り。

保険金の種類 保険金を支払う場合 支払われる代金の種類
乗継遅延費用 最高20,000円 航空便を乗り継ぐ予定が、乗り継ぎ地点までの到着便の遅延によって搭乗する予定だった航空便に搭乗することができず、到着便の実際の到着時刻から4時間以内に代替便に搭乗することができなかった場合 宿泊料金・食事代
出航遅延、欠航、搭乗不能費用 最高20,000円 搭乗する予定だった航空便について、出航予定時刻から4時間以上の出航遅延や航空便の欠航などで搭乗することができず、出航予定時刻から4時間以内に代替となる航空便に搭乗できなかった場合 食事代
受託手荷物遅延 最高20,000円 航空便が目的地に到着してから6時間以内に、カード本会員の身の回り品で搭乗時に航空会社が受託した手荷物が目的地に運搬されなかった場合 目的地で負担した衣類・生活必需品の購入費用
受託手荷物紛失 最高40,000円 航空便が目的地に到着してから48時間以内に、受託した手荷物が目的地に運搬されなかった場合(手荷物は紛失したものとみなす) 到着後96時間以内に目的地で負担した衣類・生活必需品の購入費用

まさに「有事の際のアメックス」です。

台風などの各種天候不良の影響で次の乗り継ぎ便に間に合わない、ということは多々あります。

各種航空会社では各種補償サービスは行っていません。そんな時、臨時の宿泊代や食事代をカード会社が肩代わりしてくれるのはとてもありがたいですね。

これは他のカード会社は行っていない、まさに「アメックスオリジナル」のサービスです。

このサービスを利用する際は、先ほどの「オーバーシーズ・アシスト」の各国の電話番号に連絡しましょう。

ただひとつだけ、このサービスは本会員限定のサービスになっており、家族や家族カード会員の方は対象外になってしまうところだけが欠点です。

各種の保険サービス

これら各種補償によって海外旅行時における充分な補償がなされていますが、

それでもまだ物足りない!

という方向けに、アメックス公式ウェブサイト上から、カード会員限定の各種保険サービスを申し込むこともできます。

新・海外旅行保険off!

こちらは海外旅行時に、その数日間限定の補償をつけることができる機能です。

具体的にはこのような形で、

保険金の種類 もともとカード付帯の補償額(a) off!により追加する補償額(b) 補償合計額(a+b)
傷害死亡 1億円 つけない 1億円
傷害後遺障害 最高1億円 つけない 最高1億円
傷害治療費用 最高300万円 1,000万円 最高1,300万円
疾病治療費用 最高300万円 1,000万円 最高1,300万円
賠償責任 最高4,000万円 1億円 最高1億4,000万円
携行品損害 1旅行中最高50万円
(免責金額3千円、年間限度額100万円)
50万円 最高100万円
救援者費用 最高400万円 最高1,000万円 最高1,400万円
航空機寄託手荷物
遅延等費用
受託手荷物遅延費用
最高2万円
10万円 最高14万円
受託手荷物紛失費用
最高4万円

元々のカードに付帯されている補償額とこの新・海外旅行保険off!による補償額を重ね合わせて、さらに強固な補償をかけることができます。

元々アメックスが強い箇所には特に追加補償をつけず、弱い箇所を重点的に強化するといった柔軟なオーダーメイドによる対応が可能です。

特に海外での「治療費用」は、元々の300万円補償に加えてもう一声欲しいところ。

この機能によって、1,000万円もの補償を追加することが可能なので、とても安心です。

海外では現地の治療費が馬鹿にならないことが多く、「1~2週間程度の入院で500万円もの治療費をふんだくられた」なんていう話はよく耳にするところです。

海外旅行総合保険「マイセレクトONE」

また、それでも物足りないという方向けに、さらなる補償をつけることもできます。

こちらは、先ほどよりもさらに補償額が充実し、カード付帯の保険にはない補償もそろっています。

値段は先ほどより張るものの、値段相当の更なる補償額をつけることが可能となっています。

これらのお問い合わせは0120-782-224(平日9:00~17:00 通話料無料)から。

各種保険をファイナンシャル・プランナーと相談できる

専門家に相談

以上が海外旅行時における短期補償となりますが、アメックスではこの他にも恒常的な数々の保険サービスを提供しています。

 

病気等の不安に備える保険

  • 要介護の状態になった場合に備えた保険
  • 使わなかった保険料が戻る医療総合保険
  • 介護の保障も一生涯続く終身保険
  • 初めてのがん、長引く通院治療にあんしんながん保険
  • 入院・手術の保障が一生涯続く終身医療保険
  • 持病のある方が加入しやすい医療保険
  • 3大疾病の健康告知だけで加入できる医療保険
  • ペットのケガ・病気の診療費を補償する保険

 

突然のケガ、事故等の不安に備える保険

  • 日常の様々なケガによる入院・通院とその治療費用の実費までを補償する保険
  • 日常のケガや事故に加え天災時に強い補償がある保険

 

身の回りに起こる不安に備える保険

  • 落とした財布の中の現金まで補償
  • 家電製品の故障を補償(2,900円プラン)
  • 家電製品の故障を補償(7,000円プラン)
  • 自動車内にある日用品の破損、盗難損害を補償
  • カードで買った商品の破損、盗難を補償
  • 自宅内にある家電製品の故障、家財・家電製品の破損・盗難をまとめて補償

 

旅行・レジャー・運転等の不安に備える保険

  • リーズナブルな保険料で家族全員をサポートする自転車保険
  • 海外旅行での病気、けが、盗難などを補償
  • ゴルフ中の事故による損害を補償
  • 予想年間走行距離に応じた自動車保険
  • 自動車事故や日常生活のトラブルまで補償する自動車保険

 

約80種以上の保険商品から、自分に合ったものを選択することができます。

これら各種保険に加入すると、特典ポイントが付加されるキャンペーンを開催していることも多々あります。

 

また、

そんなに多くの選択肢からなんて選べない!

という方向けに、アメリカン・エキスプレスでは専用の「ファイナンシャル・プランナー相談窓口」を設けており、ファイナンシャル・プランナーが各会員1人1人の要望を伺いながら、

親身になって保険商品の選択現在加入している保険の見直しなどの相談を受け付ける「ベストフィット」というサービスを行っています。

電話番号はこちら。
アメリカン・エキスプレス メンバーシップ保険デスク
0120-020345(平日9:00~17:00 通話料無料)

 

また、「実際にファイナンシャル・プランナーと会って話したい」という場合は、保険市場というオシャレな空間で、実際にファイナンシャル・プランナーの方と対面して保険相談を行うことができます。

こちらは全国展開。

各店舗の詳細はこちらです。

都道府県 各保険市場名 住所 営業時間
北海道 札幌コンサルティングプラザ 札幌市中央区北5条西2-5JRタワーオフィスプラザさっぽろ15階 10:00~20:00
(定休日:木曜日)
宮城県 仙台コンサルティングプラザ 仙台市青葉区一番町3-6-1一番町平和ビル4階 10:00~20:00
東京都 東京コンサルティングプラザ 千代田区丸の内2-6-1丸の内パークビルディング5階 10:00~20:00
神奈川県 横浜コンサルティングプラザ 横浜市西区みなとみらい2-2-1横浜ランドマークタワー26階 10:00~20:00
愛知県 名古屋コンサルティングプラザ 名古屋市中村区名駅4-7-1ミッドランドスクエア13階 10:00~20:00
大阪府 本店コンサルティングプラザ 大阪市中央区瓦町3-5-7野村不動産御堂筋ビル1階 10:00~20:00
(定休日:土曜日)
梅田ディアモールコンサルティングプラザ 大阪市北区梅田1大阪駅前ダイヤモンド地下街2号-6030 10:00~21:00
梅田阪急コンサルティングプラザ 大阪市北区角田町8-1梅田阪急ビルオフィスタワー23階 10:00~20:00
あべのハルカスコンサルティングプラザ 大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43あべのハルカス17階 10:00~20:00
千里中央コンサルティングプラザ 豊中市新千里東町1-5-3千里朝日阪急ビル2階 10:00~20:00
兵庫県 神戸コンサルティングプラザ 神戸市中央区雲井通7-1-1神戸新聞会館ビル14階 10:00~20:00
福岡県 福岡コンサルティングプラザ 福岡市中央区天神1-4-2エルガーラ7階 10:00~20:00

全国どこでも、お気軽に相談することができます。

当日予約もOKで、電話番号は0120-816-316(平日8:30~21:00/土日祝10:00~18:00)となっています。

利用の際には、「アメリカン・エキスプレス公式サイトを見た」とお伝えください。

ショッピング・プロテクション

アメックスゴールドには、ショッピング時の手厚いプロテクション(補償)があります。

その1つ目がこのショッピング・プロテクション。

これは国内外問わず、アメリカン・エキスプレスのカードを使用して購入した商品について、

購入者に過失がない破損・盗難などの被害を受けた場合、購入日から90日間、1人につき年間最高500万円までを補償するというもの。

自己負担額(免責費用)が一度の事故につき1万円かかってしまうものの、500万円という補償額は業界的にもかなり高い数値ですね。

連絡先は「アメリカン・エキスプレス・保険ほっとライン」です。
0120-234586(平日9:00~17:00 通話料無料)
(引受保険会社 損害保険ジャパン日本興亜株式会社)

連絡後に「保険金請求書」が送付されてくるので、それに記載の上、必要送付書類・カードご利用控えを添えて返送をしてください。

現金、有価証券、旅券、印紙、切手、乗車券、動物・植物などの生物、自動車など、一部対象外のものがあります。

リターン・プロテクション

2つ目の補償がこのリターン・プロテクション。

アメックスゴールドで購入した商品の返品を購入店が受け付けてくれない場合に、購入日から90日以内に申し込み、アメリカン・エキスプレスに商品を送付することによって、その購入金額をカード会員口座に振り込んでもらえるというもの。

電話番号はこちら。

アメリカン・エキスプレス・リターン・プロテクション係
0120-090151(平日9:00~17:00 通話料無料)

 

1商品につき最高3万円までの補償で、年間最高15万円までの限度額となり、5,000円未満の商品は補償対象外です。

動物、植物、生鮮食品、貴金属および宝石、携帯電話、自動車、土地および建物、有価証券、現金、チケット類など、こちらも一部対象外のものがあります。

「商品が未使用」、「傷がない」、「他に加入している保険、または購入時の返品規定が適用されない場合」に初めて有効となるものの、なかなかフレキシブルで使いやすいサービスです。

このサービスは他のカードなどには見受けられない独自のサービスとなっているので、相対的に他との差別化となっています。

キャンセル・プロテクション

3つ目のプロテクションが、この「キャンセル・プロテクション」。

各種プロテクションの中で唯一アメックスゴールド限定特典となっており、アメックスグリーンには未対応です。

これは、急な出張で前もって予約していた海外旅行に行けなくなってしまった場合や、

突然の病気・怪我による通院・入院が必要になり、それによって予約していた旅行をキャンセルせざるを得なかったり、チケット購入済みのコンサートに行けなくなってしまった場合などに、

それにかかったキャンセル費用などの損害について、アメックスが代わりに補償してくれるという、こちらもクレジットカード業界においてかなり画期的なサービスです。

自分に過失がなく、やむを得ずキャンセルするといった場合に、実質的なキャンセル料金が無料になります。

特に、海外旅行のキャンセル時にはキャンセル料が馬鹿にならず、自分が悪いわけでもないのに多額のキャンセル料を支払うのは気分がいいものではありません。

そんな時にこのキャンセル・プロテクションで肩代わりしてくれれば、多少でも気分が晴れるというものです。

アメックスゴールドで決済した場合に補償の対象となるサービスの種類は以下の通り。

  • 国内旅行契約、海外旅行契約に基づくサービス
  • 旅館、ホテルなどの宿泊施設の提供およびそれに付帯するサービス
  • 航空機、船舶、鉄道、自動車などによる旅客の輸送
  • 宴会、パーティー用に供する施設の提供およびそれに付帯するサービス
  • 運動、教養などの趣味の指導、教授または施設の提供
  • 演劇、音楽、美術、映画などの公演、上映、展示、興行

※社命出張によるキャンセルは、海外旅行契約に基づくサービスに限る

さらに、同行する予定のあった配偶者の方のぶんも合わせて補償してくれます。至れり尽くせりですね。

 

補償金が支払われる場合・限度額については以下の通りです。

補償される場合 補償額(年間最高)
カード本会員、本会員の配偶者または本会員の1親等以内の親族の死亡・傷害または疾病による入院に基づくキャンセルの場合 10万円
カード本会員、本会員の配偶者または本会員の子供の傷害による通院に基づくキャンセルの場合 3万円
カード本会員の社命出張に基づくキャンセルの場合 10万円

※社命出張によるキャンセルは年間1回のみの補償

各項目について、複数人の利用においても年間限度額は表記された額までとなるので注意です。

なお、これら全てに対し、「1,000円」もしくは「キャンセル費用の10%に相当する額」のいずれか高い額が自己負担額となり、免責されることに留意してください。

 

専用の電話番号はこちらです。

ベルシステム24内 アメリカン・エキスプレス・キャンセル・プロテクション係

0120-860420(平日9:00~17:00 通話料無料)

オンライン・プロテクション

4つ目の補償はこのオンライン・プロテクション。

これは、第三者が自身のカードを不正にインターネット上で使用した場合に、その金額をアメックスが代わりに受け持ってくれる、というサービスです。

「ネットショッピングでカード番号を入力するのが心配だ」

という方も、アメックスゴールドであれば安心です。

お問い合わせはこちらの番号から。
メンバーシップ・サービス・センター
0120-020120(平日9:00~17:00 通話料無料)

不正プロテクション

大容量サーバー

先ほどの「オンライン・プロテクション」は事情が発生した後の補償ですが、それ以前にアメリカン・エキスプレスでは世界中の加盟店でのカード取引を常時監視しており、不正利用を未然に防ぐために監視を行っています。

これが「不正プロテクション」というサービスです。

監視をしている間に万が一不正利用と疑わしい取引があると、すぐに次項の「カード再発行」などの、セキュリティのための迅速な手続きが自動的になされます。

その際に不正利用と判明したカード取引は、利用者に重大な過失がある場合を除き、原則その損害を補償することとなっているので安心ですね。

カード再発行

先ほどの不正プロテクションを作動時や、利用者自らがカードを紛失したり、カードが盗難にあった際には、連絡した後に新しいカード券面を無料で発行してくれます

国内・海外問わずどこにいても対応してくれて、緊急性が高い場合については「緊急仮カード」が発行されることもあります。

カード再発行手数料有料というカードが多い中、これはアメックスゴールドのメリットです。

ただし、この「緊急仮カード」はあくまで本会員カードではない「仮」のカードなので、アメックスゴールドの各種特典を受けることはできないのでご注意のほど。

カードの再発行はこちらの電話番号から。
メンバーシップ・サービス・センター
0120-020120
海外からは、81-3-3220-6100(24時間年中無休)

本人認証サービス「アメリカン・エキスプレスSafeKey」

ネットショッピングにおいては、カード所持者本人でなくても、実際にはカード券面に表示されている各種カード番号、有効期限、セキュリティキーなどを入力すれば、いとも簡単に他人に不正利用が行われてしまいます。

当然そのような不正利用に対しては先ほどからご紹介しているように様々な補償があるのですが、そもそもそのショッピング購入時に、もう一段階のセキュリティを踏ませようというのがこの本人認証サービス「アメリカン・エキスプレスSafeKey」となります。

こちらでは対象の加盟店、ショッピングサイトにおいて、通常の入力情報に加え、有効期限が1分程度のワンタイムパスコードを入力する必要があります。

こちらは最近Google Authenticatorなどでもよく見られるサービスで、購入する瞬間の1分程度のみ有効なパスワードをアメリカン・エキスプレスに発行してもらい、自分のEメールアドレスに送信されたその番号を即座に入力することで初めて購入が有効とされる機能です。

カード券面に表記されている固定情報と、一瞬のみ有効のワンタイムパスコードを併用することで、さらに強固なセキュリティを築くことができます。

なお、自身が普段使用している端末(デバイス)については、初利用時に「次回からのワンタイムパスコードの入力を省略する」機能もあるので、普段使いの利便性においても問題はありません。

他のカード会社においても、VISAは「VISA認証サービス」、マスターカードは「マスターカードセキュアコード」、JCBは「J/Secure(ジェイセキュア)」といったセキュリティシステムがありますが、ワンタイムパスコードを導入しているのは今のところこの「American Express SafeKey」のみです。

現状セキュリティにおいてはアメックスが一枚上手と言えるでしょう。

 

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
アメックスゴールド券面高解像度
年会費 29,000円(税抜)
家族カード年会費 1枚目無料 2枚目以降12,000円(税抜)
ETCカード年会費 無料
ポイント還元率 0.3%~
ポイント有効期限 3年間(一度利用で無期限)
海外旅行傷害保険 最大1億円
電子マネー 楽天Edy、モバイルSuica、SMART ICOCA
カード発行日数 約1週間~ (Web申し込み時)
カード申し込み基準 20歳以上で安定した収入のある方

▼公式サイトから申し込む▼
アメリカン・エキスプレス 公式

 

アメックス独自のポイント制度「メンバーシップ・リワード」

さて、このアメリカン・エキスプレス・カードにも、独自のポイント制度があります。

基本的に、そもそも高額な年会費を支払うステータスカードにおいては、大衆向けの年会費無料カードが力を入れて売り出しているような「超お得なポイント還元率」などというものは基本的には存在しません。

しかし、アメリカン・エキスプレスにおいてはステータスカードながら、比較的優秀なポイントが用意されています。

それが「メンバーシップ・リワード」です。

何やら難しそうな単語ですが、楽天カードにおける「楽天スーパーポイント」のようなものなので、それほど難しくはありません。

メンバーシップ・リワードの詳細(還元率・加算タイミングなど)

クレジットカード

アメックスのカードは、100円の利用ごとに1ポイントのメンバーシップ・リワードが獲得できます。

日常生活でのスーパー、コンビニドラッグストアや本屋などの身近な店の利用でもポイントが貯まります。

 

日々の公共料金の支払いでもしっかりポイントが貯まります。

しかし、一部加算対象外であったり、「200円で1ポイント」として換算される加盟店もあるので注意しましょう。

ポイントが付加される各種公共料金の種類や還元率はこちら。

ジャンル 加盟店名 ポイント還元率
携帯電話料金 NTTドコモ 100円=1ポイント
au 100円=1ポイント
ソフトバンク 100円=1ポイント
Y!mobile 100円=1ポイント
UQ mobile 100円=1ポイント
電気料金 北海道電力 200円=1ポイント
東北電力 200円=1ポイント
東京電力エナジーパートナー 200円=1ポイント
中部電力 200円=1ポイント
北陸電力 200円=1ポイント
関西電力 200円=1ポイント
中国電力 200円=1ポイント
四国電力 200円=1ポイント
九州電力 200円=1ポイント
沖縄電力 200円=1ポイント
ガス料金 北海道ガス 200円=1ポイント
京葉ガス 200円=1ポイント
東京ガス 200円=1ポイント
東彩ガス 100円=1ポイント
東邦ガス 200円=1ポイント
大阪ガス 200円=1ポイント
長野都市ガス 200円=1ポイント
河内長野ガス 100円=1ポイント
大和ガス/大和ガス住宅設備 100円=1ポイント
広島ガス 200円=1ポイント
西部ガス 200円=1ポイント
九州ガス 100円=1ポイント
日本ガス 100円=1ポイント
水道料金 札幌市水道局 200円=1ポイント
東京都水道局 200円=1ポイント
武蔵野市水道部 200円=1ポイント
多摩地区都営水道 100円=1ポイント
横浜市水道局 200円=1ポイント
大阪市水道局 200円=1ポイント
京都市上下水道局 100円=1ポイント
神戸市水道局 100円=1ポイント
尼崎市水道局 100円=1ポイント
長崎市上下水道局 200円=1ポイント
福岡市水道局 100円=1ポイント
各種税金・Yahoo!公金支払い・ふるさと納税 国税 ※1 200円=1ポイント
Yahoo!公金支払い 100円=1ポイント
東京都税 200円=1ポイント
大阪府自動車税 200円=1ポイント
三重県自動車税 200円=1ポイント
愛知県自動車税 200円=1ポイント
千葉県自動車税 200円=1ポイント
福島県自動車税 200円=1ポイント
大分県自動車税 200円=1ポイント
その他地方税 ※2 200円=1ポイント
日本年金機構 200円=1ポイント
新聞購読料 日経新聞 100円=1ポイント
朝日新聞 100円=1ポイント
読売新聞 100円=1ポイント
毎日新聞 100円=1ポイント
産経新聞、サンケイスポーツ、Business i. 100円=1ポイント
インターネット料金 @nifty 100円=1ポイント
au one net 100円=1ポイント
OCN 100円=1ポイント
ODN 100円=1ポイント
SpinNet 100円=1ポイント
So-net 100円=1ポイント
BIGLOBE 100円=1ポイント
ぷらら 100円=1ポイント
Yahoo!BB 100円=1ポイント
IIJmio 100円=1ポイント
UQ WiMAX 100円=1ポイント
Aol. 100円=1ポイント
放送・動画配信料金 NHK ポイント加算対象外
J:COM 100円=1ポイント
スカパー 100円=1ポイント
WOWOW 100円=1ポイント
Netflix 100円=1ポイント
Hulu 100円=1ポイント
固定電話料金 NTT東日本 100円=1ポイント
NTT西日本 100円=1ポイント
NTTコミュニケーションズ 100円=1ポイント
KDDI 100円=1ポイント
オンライン決済 Apple Store 100円=1ポイント
Amazon 100円=1ポイント
PayPal 100円=1ポイント
Yahoo!ショッピング 100円=1ポイント
ヤフオク! 100円=1ポイント
電子マネー JR東日本 モバイルSuica ポイント加算対象外
JR西日本 SMART ICOCA ポイント加算対象外
楽天Edy ポイント加算対象外
その他 UNICEF ポイント加算対象外

※1 支払える国税の種類:

  • 申告所得税及び復興特別所得税
  • 消費税及び地方消費税
  • 法人税(連結納税を含む)
  • 地方法人税(連結納税を含む)
  • 相続税
  • 贈与税
  • 源泉所得税及び復興特別所得税
  • 源泉所得税
  • 申告所得税
  • 復興特別法人税(連結納税含む)
  • 消費税
  • 酒税
  • たばこ税
  • たばこ特別税
  • 石油税
  • 石油石炭税
  • 電源開発促進税
  • 揮発油税及び地方道路税
  • 揮発油税及び地方揮発油税
  • 石油ガス税
  • 航空機燃料税
  • 登録免許税(告知分のみ)
  • 自動車重量税(告知分のみ)
  • 印紙税
  • 決済手数料
  • 附帯税(加算税、延滞税等)

※2 支払える地方税の種類:

  • 都道府県民税(個人・法人)
  • 市区町村民税(個人・法人)
  • 不動産取得税
  • 固定資産税
  • 都市計画税
  • 償却資産税
  • 特別土地保有税
  • 自動車取得税
  • 軽自動車税
  • 法人事業税
  • 法人特別税
  • 個人事業税
  • たばこ税
  • ゴルフ場利用税
  • 鉱区税
  • 軽油取引税
  • 入湯税
  • 事業所税
  • 宿泊税
  • 娯楽施設利用税
  • 料理飲食等消費税
  • 特別地方消費税
  • 狩猟税
  • 産業廃棄物税
  • 国民健康保険税
  • 後期高齢者保険料
  • 介護保険料
  • 保育園保育料
  • 留守家庭児童育成料
  • 幼稚園保育料
  • 各種交付金
  • システム利用料、決済手数料等
  • 証明書等発行手数料等
  • その他クレジットカード払い可能な税金等

 

各種電気会社、ガス会社、水道局や公共機関の一部では還元率が減少してしまうものもありますが、やはり日々の公共料金というのは馬鹿にならず、1年通してみるとかなりの金額を支払っているので、これらをクレジットカードで支払うことによってポイントを貯めるのは意外にも重要なことです。

少し前まではポイント半減となっていたふるさと納税が通常のポイント還元率になったのが嬉しいところですね。

基本的には99.9%の利用先で、100円の利用ごとに1ポイント以上のポイントを貯めることができます。

 

還元率はポイントの交換先によって大きく異なりますが、基本的には0.3%から1.0%といったところでしょう。

うまく使いこなせば10%以上の効率で使うことも可能ですが、低還元の提携先へ使用した場合は0.3%というかなり低めの還元率になってしまうことには注意しましょう。

ポイントの最低利用可能ポイントは1,000ポイントからです。

ポイントの交換先については、後に徹底解説いたします。

 

また、このアメックスゴールドのポイントの加算タイミングは、1回の会計ごとです。

ゆえに、99円未満の端数についてはポイントの獲得ができないので、

端数を気にせずポイントを貯めたい!

という方は、楽天カードなどの「月利用総額」に応じてポイントが貯まるカードがおすすめです。

【2019年最新版】楽天カードの全てを徹底解説!ポイント還元率・審査基準・メリット・デメリットなどをまとめました

 

しかしながら、アメックスゴールドは「月利用総額」ではなく「それぞれの会計ごと」にポイントが付与されるシステムのおかげで、ポイントの付加タイミングが早いというメリットがあります。

翌月以降に月利用総額分のポイントがまとめて加算されるのではなく、会計ごとにアメックスが加盟店よりカードの利用データを受け付けた時点で比較的早めにポイントが加算されるというのは逆にメリットともいえます。

 

また、先ほども紹介した通り、家族カードの使用に対してもポイントが貯まり、そのポイントは基本カード会員に集約されます。

現在のポイント数の確認はアメリカン・エキスプレス公式Webサイトの「オンライン・サービス」や、「月のご利用明細」から簡単に行うことができます。

メンバーシップ・リワードの有効期限は無期限にできる

ポイントの有効期限は、「ポイントの初利用までは3年間、一度のポイント使用で無期限」という、何やら謎の文面となっています。

これは、はじめに何らかの方法でポイントを一度でも使用してしまえば、後はそれだけでずっと全てのポイントの有効期限が無期限となる、というもの。

また、後にご説明するメンバーシップ・リワード・プラスに登録した方は、一度の使用がなくとも有効期限が無期限となります。

「ポイントが無期限」というクレジットカードは数が少なく、大概のポイントの有効期限は1年かそこらといったところなので優秀です。

ボーナスポイント・パートナーズ

楽天市場で楽天カードを使用すると貯まるポイントが一般の店よりも増加するように、このアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードにおいても、対象の加盟店での購入でポイント獲得が数倍になるというキャンペーンを行っています。

ボーナスポイント・パートナーズ」と呼ばれる加盟店での利用で、事前登録なしに、アメックスのカードで支払いをするのみで100円につき2、3、5、10ポイント等の高還元率でメンバーシップ・リワードが獲得できます。

現在の対象店舗は約200種類。

店舗の一例は以下の通りです。

ジャンル 加盟店名 ポイント還元率
旅館・ホテル じゃらん 100円=2ポイント
ロワジール スパタワー 那覇 100円=10ポイント
ホテルきむら 100円=5ポイント
シェラトン北海道キロロリゾート 100円=3ポイント
ホテルインターゲート東京 京橋 100円=3ポイント
飲食店 NINJA SHINJUKU 石窯ステーキ YASHIKI 100円=5ポイント
韓国料理 張家 (チャンガ) 100円=5ポイント
青山エリュシオンハウス 100円=3ポイント
ショッピング 高島屋オンラインストア 100円=2ポイント
万田酵素オンライン 100円=2ポイント
ANTEPRIMA オンラインストア 100円=3ポイント
ボーズ 公式オンラインショップ 100円=2ポイント
フラワーギフト Blanc (ブラン) 100円=10ポイント

ぐるなびのネット予約で特典ポイント付加

自宅にいながら簡単に各料理店のネット予約をすることができる有名サイト「ぐるなび」における利用で、特典ポイントが付加されます。

  • ぐるなびネット予約
  • ぐるなびスーパーらくらく幹事さん
  • こちら秘書室

のいずれか3種類のサービスを利用すると、来店人数×100ポイントが加算されます。

宴会の幹事で50人分の予約をするだけで、5,000ポイントも獲得できます。

なお、朝7時から午後3時までの早い時間帯の予約は獲得ポイントが1/4の25ポイントとなってしまうので、なるべく夜の飲み会等に使用するようにしましょう。

メンバーシップ・リワード・プラス

先ほども申しあげた通り、低還元の商品と交換してしまうと、このアメックスゴールドの基本還元率は0.3%程度と大変少ないものです。

しかしながら、このメンバーシップ・リワード・プラスに登録することによって、ポイント還元率を大幅に上昇させることができます。

また、ポイントの有効期限が無期限になり、登録者限定の各種割引キャンペーンの適用を受けたりもできます。

このメンバーシップ・リワード・プラスは、年会費3,000円(税抜)がかかる有料サービスで、2年目以降は自動更新となります。

メンバーシップ・リワード・プラスに加入すると、航空系マイルなど、各種ポイント交換時の還元率が大幅に上昇します

ジャンル 利用先 未登録時レート 登録済レート
航空マイルへの交換 ANAマイル 2,000ポイント→1,000マイル 1,000ポイント→1,000マイル
その他の提携航空マイル 2,000ポイント→1,000マイル 1,250ポイント→1,000マイル
提携ポイントへの交換 ヒルトンHオナーズ「Hオナーズポイント」 2,000ポイント→1,250Hオーナーズポイント 1,000ポイント→1,250Hオーナーズポイント
スターウッド プリファード ゲスト 2,000ポイント→990ポイント 1,000ポイント→990ポイント
楽天スーパーポイント 3,000ポイント→1,000楽天スーパーポイント 3,000ポイント→1,500楽天スーパーポイント
Tポイント 3,000ポイント→1,000Tポイント 3,000ポイント→1,500Tポイント
カード利用後の代金に充当 航空会社の利用 1ポイント→0.3円 1ポイント→1円
ホテル・旅行代理店などの利用 1ポイント→0.3円 1ポイント→0.8円
その他旅行関連以外での利用 1ポイント→0.3円 1ポイント→0.5円
アメックス関連サービスに利用 アメリカン・エキスプレス・トラベル オンラインの利用 1ポイント→0.4円 1ポイント→1円
H.I.S. アメリカン・エキスプレス・トラベル・デスクの利用 1ポイント→0.4円 1ポイント→0.8円
日本旅行での利用 1ポイント→0.4円 1ポイント→0.8円
American Express SafeKey加盟店の利用 1ポイント→0.3円 1ポイント→0.5~1円
店頭での支払いに利用 ヨドバシカメラ・高島屋での利用 3,000ポイント→1,000円分商品券 2,000ポイント→1,000円分商品券

 

メンバーシップ・リワード・プラスに登録する場合は、アメックス公式「オンライン・サービス」にログインの後、「メンバーシップ・リワード・カタログ」の「プログラムについて」のメニューから、「ポイント移行 提携先プログラムのご登録」を選択し、そこから登録を行う形となっています。

高額の年会費に加えて3,000円もの手数料を払うのかという方も多いかもしれませんが、あくまで「ポイントを交換するタイミング」で加入していればいいので、ポイントを交換する直前に加入してポイント交換し、終えたら解約をすれば、翌年以降の年会費3,000円はかからない、という裏技もあります。

しかし、年間の各種支払いの大部分をアメックスで支払い、結構なポイント数が貯まっている方については、毎年入っていても元が取れるほどのお得な機能ですよ。

ボーナスポイント・プログラム

また、先ほどの「ボーナスポイント・パートナーズ」と名称が似ていますが、メンバーシップ・リワード・プラス加入者限定で、

各種有名ネットショッピング店でお買い物をするだけでポイントが100円につき3ポイント貯まるボーナスポイント・プログラムが最近新たに始まりました。

対象の加盟店は以下の通り。

加盟団体名 ポイント3倍対象サービス
Amazon Amazon.co.jp
Amazonマーケットプレイス
Kindle本
Amazon Business
Yahoo! JAPAN ヤフーショッピング
ヤフオク!(Yahoo! かんたん決済)
ヤフー官公庁オークション
JAL(JAPAN AIRLINES) JAL国内線・国際線航空券
JALPAK国内・海外ツアー商品
AMERICAN EXPRESS TRAVEL アメリカン・エキスプレス・トラベルオンラインで購入した商品
事前決済で購入したホテル・レンタカー
国内航空券(会員専用国内航空券販売サイト)
Apple iTunes Store
App Store
iBooks
Apple Music
H.I.S. 海外航空券
事前決済となる海外ホテル
海外航空+ホテル(セット販売)
海外パッケージツアー
海外オプショナル・レンタカー

特に、Amazonが加盟しているのが魅力的です。

Amazonの購入時にアメックスで決済をするだけでポイントを3倍獲得できるので、これは利用しない理由はありません。

全てのカードの中でも、Amazonの100円利用で3ポイントが貯まるというのはなかなかの高還元率です。

Amazonを定期的に利用する方であれば、メンバーシップ・リワード・プラスに毎年加入していても楽々元が取れるような機能となっています。

 

余談ですが、通常のクレジットカードでは、このような通常ポイント以外のボーナスポイントには大抵1、2か月程度の短いポイント有効期限や、「ポイント使用は専用サイトのみ」などという限定された利用用途がつくというものがほとんどです。

しかし、このメンバーシップ・リワードはアメリカン・エキスプレスがプライドを持って運営しているポイント制度なので、ボーナスポイントも通常ポイントと全く同じように無期限・無制限で使うことができます。

そういった意味でも、メンバーシップ・リワードは還元率以上にお得なポイントということができます。

 

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
アメックスゴールド券面高解像度
年会費 29,000円(税抜)
家族カード年会費 1枚目無料 2枚目以降12,000円(税抜)
ETCカード年会費 無料
ポイント還元率 0.3%~
ポイント有効期限 3年間(一度利用で無期限)
海外旅行傷害保険 最大1億円
電子マネー 楽天Edy、モバイルSuica、SMART ICOCA
カード発行日数 約1週間~ (Web申し込み時)
カード申し込み基準 20歳以上で安定した収入のある方

▼公式サイトから申し込む▼
アメリカン・エキスプレス 公式

 

ANAなどの各航空マイルへ交換可能

ANA航空機

さて、ここからはメンバーシップ・リワードの様々な使い方について見ていきましょう。

まず、メンバーシップ・リワードは各種航空マイルに交換することができます。

各種マイルへの交換比率はこの表の通りです。

航空会社 未登録時レート 登録済レート
ANA
「ANAマイレージクラブ」
2,000ポイント→1,000マイル
(年5,000円 メンバーシップ・リワード ANAコースに登録必須)
1,000ポイント→1,000マイル
(年5,000円 メンバーシップ・リワード ANAコースに登録必須)
チャイナエアライン
「ダイナスティ・フライヤー・プログラム」
2,000ポイント→1,000マイル 1,250ポイント→1,000マイル
デルタ航空
「スカイマイル」
ヴァージン アトランティック航空
「フライングクラブ」
タイ国際航空
「ロイヤルオーキッドプラス」
シンガポール航空
「クリスフライヤー」
ブリティッシュ・エアウェイズ
「エグゼクティブ・クラブ」
キャセイパシフィック航空
「アジア・マイル」
アリタリア-イタリア航空
「クラブ・ミッレミリア」
スカンジナビア航空
「SAS ユーロボーナス」
フィンランド航空
「フィンエアー・プラス」
エティハド航空
「エティハド ゲスト」
エールフランス/KLM航空
「フライングブルー」
カタール航空
「プリビレッジクラブ」
エミレーツ航空
「エミレーツ・スカイワーズ」

ANAマイルのみ交換レートが異なり、メンバーシップ・リワード・プラスに加入すると1,000ポイント1,000マイルの高還元率で交換できます。

それ以外のものについても、多少目減りはするものの、1,250ポイントを1,000マイルに変換することができます。

ANAマイル、その他航空マイルへの交換レートは、他の航空マイルに特化したクレジットカードと比較してもかなり優れた交換比率です。

 

基本的にマイルの価値は1マイルで2円~3円と言われています。

ゆえに、このアメックスゴールドでは、ANAマイルの場合は100円につき2~3円と、実に2~3%の高還元率でマイルを貯めることができます。

なお、2%というのは最低値であり、ビジネスクラスや、特にファーストクラス利用時の場合は200万円の航空券を13万マイル程度で購入できることもあり、

その場合においては1マイルの価値が15円を超えることも少なくありません。

 

しかしながら、実はANAマイルの交換時には、5,000円(税抜)メンバーシップ・リワード ANAコース登録費用がかかります。

ですが、こちらもメンバーシップ・リワード・プラス同様に、交換するその年のみ参加していれば良いので、交換する年のみ参加費を支払い、すぐに解約すれば最小限のコストで交換を行うことができます。

その他の航空会社については移行手数料は無料です。

 

日本国内ではその航空会社のマイルを貯められるクレジットカードを発行していない」という航空会社のマイルも数多く登録されているので、メンバーシップ・リワードを持つことで、日本にいながら擬似的にそれらのマイルを保有するということも可能になっています。

こちらも海外に強いアメックスならではの利点ですね。

前述の通り、メンバーシップ・リワードの有効期限は無期限にすることができるので、先ほどのAmazonなどの利用によって高還元率・無期限のポイント期限でポイントを貯め、

そのポイントをいつか夢の海外ファーストクラスチケットへ交換する、ということも可能ですよ。

コンスタントに使えば、1年間で一度は国内特典航空券を購入して、片道分の航空料金程度を無料にするといったことも可能です。

基本的には、メンバーシップ・リワードの交換先は還元率の点から、この各社航空マイルへの交換が最も効率的であると言えます。

 

ただひとつだけ、JALマイルが交換対象外となっているのが残念な点です。

他の提携ポイントへ交換

また、メンバーシップ・リワードは、他のクレジットカードなどが提携している各種ポイントとの交換をすることができます。

交換先の一覧はこちらになります。

ポイント名 未登録時レート 登録済レート
楽天スーパーポイント 3,000ポイント→1,000楽天スーパーポイント 3,000ポイント→1,500楽天スーパーポイント
Tポイント 3,000ポイント→1,000Tポイント 3,000ポイント→1,500Tポイント
ヒルトンHオナーズ「Hオナーズポイント」 2,000ポイント→1,250Hオーナーズポイント 1,000ポイント→1,250Hオーナーズポイント
スターウッド プリファード ゲスト 2,000ポイント→990ポイント 1,000ポイント→990ポイント

メジャーな楽天スーパーポイント、Tポイント、各高級ホテルのポイントまで、幅広く交換することができます。

こちらも先ほどの航空系マイルと同様に、メンバーシップ・リワード・プラスに参加していると交換レートが向上します。

利用代金へ充当ができる「ポイントフリーダム」

また、各種店舗などでの支払い費用を家に帰ってからポイント(メンバーシップ・リワード)で充当する、「ポイントフリーダム」という機能があります。

店舗やショッピングサイトで購入した代金が銀行口座から引き落とされるまでの間に、ポイントフリーダム公式サイトでポイントを充当すれば、そのポイント分の金額が翌月の請求金額から減額されます。

店頭でポイントを使う旨を述べる必要なしに、後から自分で家から支払いをポイントで充当することができます。

これはアメックス独自の大変使いやすいシステムですね。

利用可能なジャンルと、ポイント還元率についてはこの通り。

充当先 未登録時レート 登録済レート
航空会社の利用 1ポイント→0.3円 1ポイント→1円
ホテル・旅行代理店などの利用 1ポイント→0.3円 1ポイント→0.8円
その他旅行関連以外での利用 1ポイント→0.3円 1ポイント→0.5円

通常の店舗利用では1ポイントで0.3~0.5%の還元率にしかなりませんので、この支払い方法を利用する際は、やはり旅行関係の出費に充当するのが好ましいでしょう。

何らかの旅行があった際にまとめてこの方法で充当すれば、一切の手数料なしに、ポイント還元率1%でポイントを使うことができますね。

たとえ繁忙期であっても、利用除外期間(ブラックアウト)がないので、年末年始、ゴールデンウィーク、お盆休みなどであっても問題なく利用することができます。

加盟店での利用時にポイントを充当

また、通常のTカードのように、加盟店での利用時にポイントを充当する旨を表示すれば、その場でポイントを充当することもできます。

加盟店の一覧はこの通り。

充当先 未登録時レート 登録済レート
アメリカン・エキスプレス・トラベル オンライン 1ポイント→0.4円 1ポイント→1円
H.I.S. アメリカン・エキスプレス・トラベル・デスク 1ポイント→0.4円 1ポイント→0.8円
日本旅行 1ポイント→0.4円 1ポイント→0.8円
American Express SafeKey加盟店 1ポイント→0.3円 1ポイント→0.5~1円

自社サービスの優待などにより、先ほどよりも基本ポイント還元率が高いのが特徴的です。

各種国際線航空券やパッケージツアー、国内宿泊の手配などを行った時にポイントを利用することができます。

各種商品券に交換可能

Amazonギフト券

各種加盟店の商品券にポイントを使うこともできます。

交換できる商品券一覧はこの通り。

商品券の種類 交換レート 実質還元率 備考
Amazonギフト券 3,000ポイント→1,000円分 0.33%
Amazonプライムギフトコード(1年間分) 12,500ポイント→実質3,900円分 0.31%
Apple iTunesギフトコード 3,000ポイント→1,000円分 0.33%
Google Play 3,000ポイント→1,000円分 0.33%
ANA SKY コイン 3,000ポイント→1,000円分 0.33%
サーティワンアイスクリーム ギフト券 1,500ポイント→500円分 0.33%
Dinos 割引クーポン 2,500ポイント→2,000円分 0.8% 1回の決済につき1口、購入金額5,000円以上から
ローソンお買い物券 1,500ポイント→500円分 0.33%
nanacoギフト 1,500ポイント→500円分 0.33%
Starbucks eGift ドリンクチケット 1,500ポイント→500円分 0.33%
すかいらーく お食事券 3,000ポイント→1,000円分 0.33%
ドットマネー by Ameba 1,500ポイント→500円分 0.33%
ファミリーマート Eクーポン 1,500ポイント→500円分 0.33%
ブルックス ブラザーズ オンラインショップ 2,500ポイント→2,000円分 0.8% 1回の決済につき1口、購入金額5,000円以上から
ポイントタウン byGMO 1,500ポイント→500円分 0.33%
ミスタードーナツ ギフトチケット 600ポイント→200円分 0.33%
Dinos 割引クーポン 2,500ポイント→2,000円分 0.8% 1回の決済につき1口、購入金額5,000円以上から
IKEAギフトカード 3,000ポイント→1,000円分 0.33%
サムソナイト ショッピングクーポン 5,000ポイント→5,000円分 1% 利用は10,000円毎に1枚
ハンティング・ワールド ショッピングクーポン 5,000ポイント→5,000円分 1% 利用は10,000円毎に1枚
ユナイテッドアローズ ショッピングクーポン 6,000ポイント→5,000円分 0.83% 利用は10,000円毎に1枚
アメリカン・エキスプレス 百貨店ギフトカード 3,000ポイント→1,000円分 0.33%
モスバーガー モスカード 3,000ポイント→1,000円分 0.33%
全国百貨店共通 商品券 3,000ポイント→1,000円分 0.33%
forty three お食事券 5,000ポイント→5,000円分 1% 利用は10,000円毎に1枚
THE TOWER RESTAURANT YOKOHAMA お食事券 5,000ポイント→5,000円分 1% 利用は10,000円毎に1枚
ガーデンレストラン 徳川園  お食事券 5,000ポイント→5,000円分 1% 利用は10,000円毎に1枚
シェ松尾 青山サロン お食事券 5,000ポイント→5,000円分 1% 利用は10,000円毎に1枚
リストランテ ダ・ニーノ お食事券 5,000ポイント→5,000円分 1% ディナー1回利用につき1枚
ロイヤルホスト お食事券 3,000ポイント→1,000円分 0.33%
東京・丸の内 コットンクラブ お食事券 10,000ポイント→5,000円分 0.5%

 

レストランのお食事券とホテルの宿泊クーポンも用意されており、圧巻のラインナップです。

ポイント還元率は基本的に航空マイルに比べれば劣ってしまう場合が多いものの、自身が扱いやすいと思える各社商品券を手に入れることができるというのは選択肢としてあり。

特にAmazonギフト券はもはや現金同様に扱うことができるので、こういった使い方もあると認識していただければ結構です。

なお、商品券という商品の性質上、ポイントの最低利用単位は全体的にやや高めに設定されています。

カード会員限定イベント・体験に参加

カヌー体験

また、ポイントを使用することで参加できる、アメリカン・エキスプレスのカード会員限定オリジナルイベント・体験が通年で用意されています。

ジャンル イベント内容 必要ポイント数
アウトドア スカイバスツアー 14,500
フィールドアーチェリー体験 17,000
ナイトクルーズ 30,000
パラグライダー体験 30,000
ラフティング体験 30,000
スタンドアップパドル体験 33,000
ディナークルーズ 85,400
ビューティー&ヘルス ヨガ体験 14,500
ピラティス体験 14,500
エステ体験 27,000
スパ&フィットネス体験 33,000
血液検査、脳梗塞、心筋梗塞検診 39,000
MCIスクリーニングによる血液検査、認知症検診 56,000
遺伝子検査 58,700
脳ドック(頭部MRI.MRA+頸部MRA) 59,000
メイクアップ&スタジオ撮影 80,300
人間ドック(胃バリウム) 82,000
VIPエステ体験 156,000
RIZAPボディメイク基本コース(3か月) 1,680,000
カルチャー 厳選グラスワイン3種の飲み比べ体験 8,000
スタジオ撮影 27,800
泊まれる本屋1泊 33,000
金繕い体験 33,000
インドアスカイダイビング体験 63,000
フラワーレッスン 63,000
マタニティフォト撮影 87,500
宿坊体験 94,000
真鍮ランプシェード作り 94,000
焼印作り 94,000

 

様々な催しが開催されています。

特に高額なものについては、ここでしか体験できないような貴重なプログラムも存在します。

 

清水寺

一方で、ポイントを使用せずとも会員ならば参加可能な、完全にカード会員優待のためのプログラムもあります。

特に醍醐寺・清水寺の夜間特別拝観青木功プロとのラウンドプレーは、ほぼ毎年開催されている人気イベント。

サッカーファンの方には、ガンバ大阪や川崎フロンターレによる解説付VIPルーム観戦がおすすめです。

これまでのイベント一例はこちらです。

開催年度 イベント内容
2010年 名門茶家に学ぶ紅葉狩りの茶会
子供向け:おもちゃ90秒間取り放題イベント
ファッションズ・ナイト・アウト
コットンクラブ“American Express Week”
ジェイク・シマブクロ「アイ・ラブ・ウクレレ・ツアー 2010」
世界の青木功プロと夢のラウンドプレー・ゴルフコンペ
2011年 醍醐寺 夜桜特別拝観
細川護熙元総理解説による「細川家の至宝」プライベートビューイング
坂東玉三郎 特別舞踊公演
茶道会館 月見茶会
夜の高台寺貸切
「TATSUYA KAWAGOE」特別ランチ・ディナー
柿沢安耶の「野菜寿し ポタジエ」スペシャルディナー
ピエール・エルメ・パリ 青山 スイーツイベント
ファッションが世界と日本をつなぐFashion’s Night Out American Express Presents “Special Party”
イングリット・フジコ・ヘミング ソロ ピアノ リサイタル 2011
子供向け:おもちゃ90秒間取り放題イベント
メンバーシップ・プレビュー ブラッド・ピット主演最新映画「マネーボール」
第2回メンバーズカップ 東京よみうりカントリークラブ
第3回メンバーズカップ 太平洋クラブ御殿場コース
世界の青木功プロと夢のラウンドプレー・ゴルフコンペ
2012年 平成中村座 三月大歌舞伎 六代目中村勘九郎 襲名披露公演
醍醐寺 夜桜特別拝観
「第64回 奈良国立博物館 正倉院展」特別セミナー
建仁寺の貸切拝観とスペシャル舞台「平家物語」鑑賞
京都国立博物館文化財保護基金チャリティーエキシビション「ROSSO×ROSSO展」ドリームナイト
「レストラン タテル ヨシノ 汐留」イベント
東京湾大華火祭 観覧ディナー リザーブシート
ブルガリ銀座タワー 5周年スペシャルイベント
阪急MEN’S TOKYO「Spring Night」-2012年 春夏ファッションイベント-
メンバーシップ・プレビュー「少年と自転車」
第2回 コットンクラブ “ポイント de RESERVE SEAT”
メンバーシップ・プレビュー「ファースト・ポジション 夢に向かって踊れ!」
第1回 メンバーズカップ 箱根カントリー倶楽部
第2回 メンバーズカップ 川奈ホテルゴルフコース 富士コース
第3回 メンバーズカップ 東京ゴルフ倶楽部
世界の青木功プロと夢のラウンドプレー・ゴルフコンペ
桑田真澄の子供野球教室
フルマラソン完走トレーニング 〜高橋尚子さんと走ろう〜
2013年 醍醐寺 夜桜特別拝観
l老舗専門店で愉しく学ぶ中国茶講習会
辰巳芳子「いのちのスープ」体験会
第65回 正倉院展 特別セミナーと鑑賞会
建仁寺の紅葉ライトアップと能舞台鑑賞
奈良国立博物館主催 文化財 プレミアム・ミュージアム・ビューイング
「szechwan restaurant 陳」イベント
第1回京橋千疋屋フルーツバイキングリザーブシート
「オテル・ドゥ・ミクニ」イベント
東京湾大華火祭観覧ディナーリザーブシート
フラワーアレンジメントレッスン&アフタヌーンティー
RESTA comfort PHYTOMER トリートメント&セミナー
「丸の内タニタ食堂」ヘルシーワークショップ
第3回メンバーシップ・プレビュー「最後のマイ・ウェイ」
第3,4回 ポイント de RESERVE SEAT
阪急メンズ東京「AUTUMN NIGHT」
第4回メンバーシップ・プレビュー「ニューヨーク・バーグドルフ〜魔法のデパート〜」
世界の青木功プロと夢のラウンドプレー・ゴルフコンペ
第2,3回アメリカン・エキスプレス・メンバーズカップ
岩崎恭子夏休み子どもスイミング教室
2014年 醍醐寺・三宝院の桜 特別夜間拝観
舞台「きりきり舞い」特別鑑賞会
養老孟司氏と日本文化の魅力を探る〜増上寺1dayアカデミー
天皇皇后両陛下傘寿記念 第66回正倉院展 特別セミナーと鑑賞会
世界遺産 清水寺の貸切 夜間特別拝観
奈良国立博物館主催 文化財修復 プレミアム・ミュージアム・ビューイング
RESTA comfort PHYTOMER トリートメント&セミナー
東京湾大華火祭観覧ディナーリザーブシート
第1回京橋千疋屋フルーツバイキング
第1,2,3,4回 ポイント de RESERVE SEAT
メンバーシップ・プレビュー「ブルージャスミン」
メンバーシップ・プレビュー「ニューヨークの巴里夫(パリジャン)」
内藤雄士ツアープロコーチによるゴルフレッスン
第1,2,3回アメリカン・エキスプレス・メンバーズカップ
第2回アメリカン・エキスプレス 青木功カップ
世界の青木功プロと夢のラウンドプレー
2015年 醍醐寺・三宝院の桜 特別夜間拝観
第67回 正倉院展 特別セミナーと鑑賞会
世界遺産 清水寺の夜間特別拝観
野村萬斎 特別狂言会
奈良国立博物館主催 文化財修復 プレミアム・ミュージアム・ビューイング
東京湾大華火祭観覧ディナーリザーブシート
第1,2,3,4,5回 ポイント de RESERVE SEAT
メンバーシップ・プレビュー「ディオールと私」
下鴨神社式年遷宮奉祝記念 平原綾香コンサート「いのちのちから、あらたに」
メンバーシップ・プレビュー「愛しき人生のつくりかた」
American Express Presents InterFM897×COTTON CLUB「THE ROOTS OF MUSIC 森高千里」
第1,2,3回アメリカン・エキスプレス・メンバーズカップ
世界の青木功プロと夢のラウンドプレー
「EAFF東アジアカップ2015」パブリックビューイング
第3回アメリカン・エキスプレス 青木功カップ
2016年 ブルガリ イル・リストランテ ルカ・ファンティン「Epicurea 2016」第1回イベント
東京国立博物館 文化財修復 プレミアム・ミュージアム・ビューイング
醍醐寺・三宝院の桜 特別夜間拝観
第68回 正倉院展 特別セミナーと鑑賞会
世界遺産 清水寺の夜間特別拝観
野村萬斎 特別狂言会
奈良国立博物館主催 文化財修復プレミアム・ミュージアム・ビューイング
クルーズフェスタ2016「クルーズナイト in 飛鳥II」
SUMMER FESTIVAL in 神奈川新聞花火大会
メンバーシップ・プレビュー「幸せをつかむ歌」
InterFM897×COTTON CLUB「THE ROOTS OF MUSIC 佐藤竹善」
InterFM897×COTTON CLUB「THE ROOTS OF MUSIC BENI」
InterFM897×COTTON CLUB「THE ROOTS OF MUSIC さかいゆう」
THE ROOTS OF MUSIC Vol.5 一青窈
Episode 1 一青窈 ていねいに生きて、いい言葉を紡ぎだす
世界の青木功プロと夢のラウンドプレー
第1,2,3回アメリカン・エキスプレス・メンバーズカップ
<川崎フロンターレ>第1回JリーグOB選手解説付VIPルーム観戦イベント
<ガンバ大阪>エスコートキッズ・解説付VIPルーム観戦イベント
<川崎フロンターレ>子供サッカー教室・解説付VIPルーム観戦イベント
第4回アメリカン・エキスプレス 青木功カップ
Coca-Cola IPTL アメリカン・エキスプレス特別VIPシート
ガンバ大阪「子供サッカー教室」
Episode 3 宮本恒靖 日本のサッカーを、世界基準に高めてくれる人
2017年 醍醐寺 夜桜特別拝観
東京国立博物館 文化財修復 プレミアム・ミュージアム・ビューイング
ビジネス会食に活かす「田崎真也に学ぶ、スマートなワインの選び方」
世界遺産 清水寺の夜間特別拝観
奈良国立博物館学芸部長による特別セミナーと第69回正倉院展鑑賞
野村萬斎 特別狂言会
THE GREEN Cafe American Express×数寄屋橋茶房
表参道・代官山の特等席でオリジナルメニューを楽しむ素敵な時間 “Winter Special”
「メットガラ ドレスをまとった美術館」先行試写会イベントレポート
Episode 4 渡辺美里 偶然を幸せに変えていく、セレンディピティのチカラ
THE BLUE SESSIONS Vol.1 渡辺美里
Summer Festival 2017 at 横浜大さん橋
ウエスト・サイド・ストーリー 鑑賞会
THE BLUE SESSIONS Vol.2 福原美穂
THE ROOTS OF MUSIC Vol.6 夏川りみ
THE BLUE SESSIONS Vol.3 柚希礼音
神宮外苑「American Express Presents Winter Garden Lounge」
第5回アメリカン・エキスプレス 青木功カップ
世界の青木功プロと夢のラウンドプレー
小出義雄監督・高橋尚子ランニングイベント
2017年アメリカン・エキスプレス・メンバーズカップ
<ガンバ大阪>エスコートキッズ・解説付VIPルーム観戦イベント
<川崎フロンターレ>第2回JリーグOB選手解説付VIPルーム観戦イベント
2018年 醍醐寺 夜桜特別拝観
American Express presents 藤井フミヤ 特別公演
American Express THE BLUE SESSIONS Vol.4 木村カエラ
Summer Festival 2018 in 横浜大さん橋

GOLDEN MOMENTS

また、先ほどまでのものはアメックスグリーンでも参加できるアメックス全体でのイベントですが、アメックスゴールド所有者のみ参加することのできるイベントも主に2種類用意されています。

このGOLDEN MOMENTSは、不定期で行われている「他では味わうことのできないようなかけがいのない体験」。

過去の一例として、このようなイベントがありました。

  • 休みの日に作りたい「ちょっと贅沢な休日のブランチ」
  • パーティーで振る舞いたい「アットホームなホリデーシーズン・ディナー」
  • 親子で楽しく電気を学んで、夏休みの自由研究を完成しよう

メンバーシップ・プレビュー

映画館

次に、メンバーシップ・プレビューです。

これは「会員限定の試写会」であり、公開前の映画を特別に観ることができます。

過去に行われたタイトルの例としてはこのようなものがあります。

  • プラダを着た悪魔
  • HACHI 約束の犬
  • ブルージャスミン
  • ディオールと私
  • 幸せをつかむ歌

軽い食事やドリンクがサービスでついており、また登場人物や作家などのゲストによるトークショーも必見です。

こちらは基本的に参加費は有料(数千円程度)で、アメックスで決済を行う必要があるものの、どれも抽選制でかなりの競争倍率であることから、相当に人気のサービスであることが伺えます。

映画好きにはたまらない特典となるでしょう。

各種限定アイテムへ交換

また、公式ウェブサイト「メンバーシップ・リワード カタログサイト」から、各提携会社のバラエティ豊かな500以上のアイテムを交換することができます。

ジャンル 商品名 必要ポイント数
ホテル宿泊券 ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ 74,000
ザ・ペニンシュラ東京 160,000
ホテル日航大阪 72,000
ザ・リッツ・カールトン大阪 93,000
セルリアンタワー東急ホテル 70,000
レストラン飲食券 リストランテ アンジェロ 30,000
リストランテ ダ・ニーノ 5,000
バカラ 27,000
シェ松尾 105,000
ファッション・アクセサリー キプリス 長財布 70,000
サムソナイト エピッドプラス スリーウェイブリーフケース 68,900
フェリージ トートバッグ 147,000
フェイラー ラビリンスバッグ(黒) 60,000
BARNEYS NEWYORK レザークラッチバッグ 61,000
Apple Watch Series 3 140,000
SWAROVSKI CRYSTALDUST BANGLE/ DOUBLE 41,000
コスメ ロクシタン シア ハンドクリーム&ソープ2個セット 9,300
ジュリーク ローズハンドクリーム 12,000
熊野筆 熊野化粧筆セット 筆の心 18,500
家電 iPad WiFi 128GB 178,000
Apple Pencil 39,000
MacBook Pro 15インチ 512GB Touch Bar 1,079,000
ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット WF-1000X 82,000
パナソニック ブルーレイディスクレコーダー 673,000
タニタ 体組成計 28,000
パナソニック 衣類スチーマー 35,000
ロボット掃除機 ルンバ960 258,000
東芝 コードレスクリーナー VC-NXS1 352,000
シャープ 蚊取り機能付空気清浄機 135,000
デロンギ ドリップコーヒーメーカー 15,000
SIXPAD Body Fit2 52,000
ホビー・アウトドア プレイステーション4 ジェットブラック 100,000
3DSソフト マリオスポーツ スーパースターズ 18,000
3DSソフト Hey!ピクミン 18,000
New2DSLL 52,000
ストレッチポール・EX 29,000
コールマン アームチェア 7,000
ダンロップ スリクソン トラベルカバー 14,000
OPINEL ガーデニングセット 28,000
日用品 マイクロコットン ラグジュアリー バスタオル 22,000
SPERANZA ティーカップ&ソーサー240cc 16,000
イッタラ カステヘルミボウル 230ml ペア 15,000
サーキュロンオリジンズ フライパン26cm 9,600
アルスター ボールペン 9,800
ロフテー pillow gift 枕ギフト 37,800
グルメ ヘルシア緑茶 うまみ贅沢仕立て 500ml 24本セット 13,000
やまや 無着色明太子 13,000
越後雪室屋 雪氷新潟コシヒカリごはん 11,500
北海道海鮮3点セット(いくら・松前漬・数の子) 26,000
神戸牛・松阪牛 切り落とし食べ比べ 11,000
堂島ホワイトロール 10,400
黒トリュフオイル&プティ塩セット 18,000
TWG Tea bag 9,800
青ヶ島酒造 青酎 10,500
大島酒造 磨き大島 529セット 11,500
エノテカ シャトー・ド・サール 2010 限定100本 18,000
プルニエ コニャック X.O 29,000
四季の雫 冬人参と林檎のジュース 17,000
37℃ ファスティングセット 3日分 37,000
チャリティー・募金 日本ユニセフ協会 治療用ミルク 90袋分 28,000
国連UNHCR協会 難民の子どもたちへの教科書1人分相当の寄付 2,500
世界の医療団 シリア難民の子どもたちに届ける診療費用(レバノン) 1,500
国連WFP 栄養不良の子ども10人に1日分の給食 1,000
奈良国立博物館 文化財修理費用 1,000
下鴨神社 糺の森 植樹 1,000
東北震災復興リーダー支援プロジェクト 「右腕プログラム」 1,000

 

また、アメリカン・エキスプレスオリジナルのアイテムも取り扱っています。

商品名 必要ポイント数
パスケース 8,000
小銭入れ 8,000
ロゴ入りカードケース 8,000
名刺入れ 9,000
札入れ 11,000
パスポートケース 12,000
二つ折り財布 13,000
雨長傘 13,000
ゴルフ傘(2枚張り) 13,500
折りたたみ傘 14,000
ショッピング・プロテクション
ワイドプラン1
15,000
PRO V1 オリジナルロゴ入り 17,400
PRO V1X オリジナルロゴ入り 17,400
ネックレス ソリティア 21,000
ビジネスバッグ 30,000
ショッピング・プロテクション
ワイドプラン2
36,000
ゴルフ パターカバー 38,000
横型トローリー 55,000
縦型トローリー 55,000
ゴルフヘッドカバーセット 59,000
ゴルフシューズケース 63,000

様々な商品が目白押しです。

特に、各種アメックスオリジナルアイテムはここでしか手に入らない完全限定品なので、ポイント還元率はどうあれ十分に選択肢の1つとなる交換先です。

 

余談ですが、「Amazing」というカテゴリーで、

ベンツ

船上クルーズ

などの、超高級交換先を見ることができます。特に車関係は必要ポイント数の桁に驚かされます(例:必要ポイント:12,000,000)。

メンバーシップ・リワード まとめ

アメックスのポイント(メンバーシップ・リワード)の各種利用方法については以上となります。

用途が多すぎて

一体何に使用すれば良いんだ・・・

という方も多いかとは思いますが、還元率のみで考えると各社マイルへのポイント交換が一番です。

しかし、ポイント還元率をそこまで重視しない場合は、アメリカン・エキスプレスオリジナルの各種体験プログラムやアイテムがプライスレスでおすすめですよ。

 

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
アメックスゴールド券面高解像度
年会費 29,000円(税抜)
家族カード年会費 1枚目無料 2枚目以降12,000円(税抜)
ETCカード年会費 無料
ポイント還元率 0.3%~
ポイント有効期限 3年間(一度利用で無期限)
海外旅行傷害保険 最大1億円
電子マネー 楽天Edy、モバイルSuica、SMART ICOCA
カード発行日数 約1週間~ (Web申し込み時)
カード申し込み基準 20歳以上で安定した収入のある方

▼公式サイトから申し込む▼
アメリカン・エキスプレス 公式

 

アメックス限定の各種お得なキャンペーン

アメックスゴールド加入者には、様々なお得なキャンペーンが入会後も豊富に用意されています。

事前に各キャンペーンに登録する必要はありますが、過去には

  • Amazonでの購入で購入代金が20%オフ
  • コンビニの買い物から500円引き
  • 提携宿泊先の利用で1万円のキャッシュバック受け取り

などと様々なものが開催されています。

これらのイベントの告知情報はアメックスに登録しているメールアドレスに定期的に届くので、これらイベントを見逃すという心配もありません。

 

なお余談ですが、アメックスが発行するメールマガジンは、年会費無料のカードが発行してくる宣伝色豊かなダイレクトメールとは違い、全体的に気品あるイメージで端的に情報を届けてきます。

さらに頻度もそこまで多くはないので、「メールマガジンは嫌!」という方でも、アメックスであれば大丈夫なのではないかという印象はあります。

アメックスゴールドは各種電子マネーに対応

スマホとクレカ

他のクレジットカードと同様に、アメリカン・エキスプレスのカードも、各種電子マネーのチャージに対応しています。

対応している電子マネーは現在で3種類。

楽天EdyモバイルSuicaSMART ICOCAの3種類となっています。

しかしながら、アメックスのカードによるチャージではチャージした際のポイントが付加されないので、せっかく電子マネーのチャージを行うのであれば、楽天カードやYahoo! JAPANカードなどの、ポイント付加率が高いクレジットカードを使用した方が良いでしょう。

【2019年最新版】Yahoo! JAPANカードの全てを徹底解説!ポイント還元率・審査基準・メリット・デメリットなどをまとめました

 

Suicaはファミマ、セブンイレブン、ローソン、イオン、ドンキ、ビックカメラ、紀伊国屋書店、カラオケ館などの各加盟店で幅広く利用でき、全国の改札機での利用定期券の購入などに使えるのが最大のメリットです。

 

楽天Edyもプリペイド方式の電子マネーであり、各種コンビニやスーパーなど、全国約7万店舗以上の様々な店舗で使うことができ、カードから簡単にチャージすることができるのが利点です。

稀にクレジットカード払いに対応しておらず、楽天Edyには対応しているといったお店もあるので、そういったお店では楽天Edyの利用がおすすめです。

 

SMART ICOCAはJR西日本が運営している電子マネーで、加盟店数はSuicaほど多くはありませんが、今現在急成長を遂げているので、今後に期待ができる電子マネーとなっています。

Apple Payにも対応

apple pay

また、アメックスゴールドではApple Pay(アップルペイ)も利用できます。

これは「Apple」とある通り、iPhone 7以降のiPhoneと、アップルウォッチシリーズ2以降のアップルウォッチシリーズで使用できる、おサイフケータイのような機能です。

クレジットカードとスマートフォンなどのデバイスを連動させることにより、そのデバイスをかざすだけで改札機を通過して電車やバスに乗ったり、QUICPay(クイックペイ)が対応しているレジでお買い物をすることができる、非常に便利なシステムです。

Apple Payはセキュリティが高いことでも有名であり、万が一の時の遠隔からの利用停止手順も簡潔に行えます。

Apple Payの利用でもメンバーシップ・リワードは通常の利用同様に同還元率で貯まるので、とりあえず利用しておいて損はないですよ。

カードを出す手間がなく、実際に使ってみると大変便利です。

最近ではアメックス公式もこのApple Payの利用を推奨しており、「1,000円キャッシュバック!」などのお得なキャンペーンを定期的に開催しています。

アメックスゴールドには会員限定優待が盛りだくさん

アメリカン・エキスプレス・コネクト

アメリカン・エキスプレスのプロパーカードには、これからご紹介するように、様々な会員限定優待が目白押しです。

アメリカン・エキスプレス・コネクトというサイトで、それらを一覧として確認することができます。

お気に入りのものを見つけたら、その場で予約することも可能です。

アメリカン・エキスプレス・オンラインモール

アメリカン・エキスプレス・オンラインモールというサイトでは、アメリカン・エキスプレス・カードの会員向けに、各種ネットショッピングで使用できるクーポンを配信しています。

ラインナップはその時々によって変化しますが、大体は「購入代金から何%OFF」といったものが多いですね。

主な対象店の一覧はこちら。

クーポン対象店 クーポン詳細
マツモトキヨシ 5%オフ
ホテルズドットコム 30,000円(税抜)以上の購入で1,500円オフ
オンワード・クローゼット 10,800円(税込)以上の購入で2,000円オフ
Agoda.com 5%オフ
ディノスオンラインショップ 10,000円(税込)以上の購入で1,000円オフ
マカフィーストア 40%オフ

アメックスゴールドのキモ「ゴールド・ダイニング by 招待日和」

高級レストランでの会食

アメックスゴールドの各種特典の中でも特に秀逸といえるのが、この「ゴールド・ダイニング by 招待日和」。

国内外200以上の高級レストラン・料亭で、所定のコースメニューを2名以上で予約し、アメックスゴールドで会計すると、それだけで1名分のコース料理代金が無料になるサービスです。

5%、10%などの割引率が多い中で、まさかの最大50%は破格の割引率です。

対象店舗には数多くの高級料理店があり、一度の食事代が1万円を超えるものも少なくありません。

仮に2人が15,000円のコースを注文すれば1人分の15,000円が割引となるので、年に2回行くだけで年会費を全て回収することも可能です。

 

しかし、お得すぎる特典ゆえ、1つの店舗を短期間に無制限で使える、というわけではありません。

同一の店舗は半年に1回(A・B期間それぞれ1回)までの利用となります。

A期間:4月1日~9月30日

B期間:10月1日~翌年3月31日

1つの店舗を1年に利用できる最大回数は2回ということになりますね。

ただし、これは「1つの店舗の利用」に限った話。

各加盟店をローテーションで回れば、半年のうちに数多くの店を利用することも可能です。理論上は半年に200店舗、1年間で400店舗分のコース代金を無料にしてもらうことも可能です。

首都圏のみならず、札幌、仙台、名古屋、京都、大阪といった各地方都市にも幅広く加盟店が点在している、というのもメリットです。

 

なお、このゴールド・ダイニングは専用の「ゴールド・ダイニング 公式サイト」から申し込む必要があります。

通常の「店舗への電話による予約」では1名分のコース代金無料を適用できなくなってしまうのでご注意ください。

予約は基本的に3営業日前まで、海外店舗(シンガポール)へは7営業日前までとなります。

 

このゴールド・ダイニングの営業時間は平日10時から19時までです。

それゆえに、土・日・祝日、19時以降の申し込みは「翌営業日以降の受付」となります。

各種予約や変更手続きは早めに行う必要がありますね。

なお、さすがに特典が豪華なので、家族カード会員はこれを使用することができません。

家族・配偶者同伴で行けば通常通り1人分は無料となるので、基本的には問題ないでしょう。

 

また、これほどの大幅割引サービスを利用してしまうと、

店側のサービス・対応が低下してしまうのではないか

という懸念もあるかとは思いますが、

そもそもこのプログラムに参加している加盟店は、いずれもこれを機会に店を知ってもらい、次回以降の利用につなげてもらおうといった思いを持っているので、

支払う金額が安くなっているからといって一般客よりも低く扱われるといった心配は一切ありません。

実際に私も何度かこのゴールド・ダイニングを使用していますが、「サービスの質が悪い」と思ったことは一度もありません。

アメックスゴールドが誇る、最高の付帯特典と言ってよいでしょう。

この「ゴールド・ダイニング by 招待日和」については、以下の記事でも徹底解説しています。

アメックスゴールド特典「ゴールド・ダイニング by 招待日和」の利用可能店舗・サービス内容・評判などを徹底解説!

American Express Invites(レストラン優待)

また、アメリカン・エキスプレス・インバイツという、別のレストラン優待サービスも用意されています。こちらもアメックスゴールド限定です。

こちらは、世界中から厳選した400以上のレストランで、コーヒーサービス、飲食代金の20%OFF、前菜が無料になる、ボトルワインサービスなどのカード会員限定の優待が受けられるサービスです。

日本国内の店が充実しているゴールド・ダイニングとは違い、主に海外でのサービスとなります。

アメリカン・エキスプレス・インバイツ内のリンク先から予約し、さらにアメックスゴールドで支払いを行ったものが対象になります。

しかし、現在のところはサイトが英語版のみになっているのが少々残念なところ。

ダイニング・トレンド

また、先ほども登場した「ぐるなび」と提携して運営している「ダイニング・トレンド」という限定サイトも用意されています。

こちらは、カード会員限定で、主に「食」をテーマにしたライフスタイル記事「トレンド・サポート」を閲覧できたり、

「食」に特化した様々な会員優待を確認することができるサービスです。

特に、ライフスタイル記事の「プロがおすすめする店情報」などは必見ですよ。

また、アメックスのカード利用実績データを基にして、人気の高いレストランのみを選別したリストから自身にあったレストランを検索する「人気のダイニング」サービスも利用可能です。

ゴールド・ワインクラブ

ワインの蔵

また、ワインに特化した「ゴールド・ワインクラブ」というサービスがあります。

こちらはアメックスゴールド限定特典で、ワインに関する質問やおすすめのワインの相談などを電話一本で承ってくれるというものです。

ワイン好きにはこれ以上ないと言っていいほどのサービスですね。

ゴールド・ワインデスクの電話番号などはこちら。フリーダイヤルなので安心です。

ゴールド・ワインデスク
0120-345441(10:00~18:00 年始のみ休業)

 

最高品質のワインを自社で自家輸入・販売しているエノテカ・オンラインが提供するサービスであり、基礎的な質問から、かなり専門的なワインの銘柄に関する難しい質問であっても、担当のソムリエさんが親切丁寧に答えてくれます。

また、エノテカが所持する豊富なワイン銘柄の中から、

  • 季節に合ったワイン
  • 相談した予算に応じたワイン
  • お中元などの贈答用ワイン
  • ホームパーティーで盛り上がるワイン
  • 希少価値の高い最高品質のワイン

などの数々のワインの紹介を受け、そして電話で購入することができます。

電話で購入する際は、アメックスゴールドで支払う旨を伝えましょう。

10,000円(税抜)以上の注文で、配送料が無料になるというのもメリットです。

プレゼント用の特製の木箱、のし袋、ギフトボックスなどもオプションで付けてくれますよ。

チケット・アクセス

演劇、ジャス、クラシック、スポーツ、イベント、アートなど、様々なジャンルのエンターテインメント・チケットをオンライン購入することができるE+(イープラス)と提携した「チケット・アクセス」では、

専用ウェブサイトから、一般発売よりも先にチケットを取り扱っています。

場合によっては、カード会員のために通常では取得が難しいような最前列の席などの各種良席を用意してあることもあるのだとか。

会員限定でドリンクチケットや食事の優待がつく場合も。

もちろん先ほどと同様に、オンラインでのチケット購入時にも、万一に備えた「オンライン・プロテクション」が適用されるので安心です。

新国立劇場

オペラ、バレエ、現代舞踊など、現代舞台芸術を高い水準で表現し続けている「新国立劇場」においても、カード会員限定特典が豊富に用意されています。

まず、新国立劇場ボックスオフィスで、電話からチケットを購入いただいた方にはもれなくドリンクチケットが無料で配布され、チケットの郵送代が無料となります。

さらに、カード会員専用の先行購入日を設けており、一般発売日の2日前から先行して各種チケットを購入することができます。

こちらも新国立劇場ボックスオフィスの電話から申し込んだものが対象となります。購入時には、必ずアメックスで会計をする旨を伝えてください。

 

そして、「オペラトーク」に無料で入場することができます。

オペラトーク開催の当日に来場し、入口でアメックスのカードを提示し、オペラトークに参加したい旨を伝えると入場することができます。

この「オペラトーク」は、作品・演出において芸術監督、指揮者、演出家などが直直に案内してくれるという、大変「アツい」催しです。

「あの表現はこういった情景を示していたのか・・・」ということが分かったりと、とても面白い、充実した時間を過ごすことができますよ。

 

新国立劇場ボックスオフィス

電話番号: 03-5352-9999(10:00~18:00 年末年始を除き年中無休)
HP: http://www.nntt.jac.go.jp
住所: 東京都渋谷区本町1-1-1

コットンクラブ

また、丸の内に位置する、ソウルやジャズなど様々なジャンルのアーティストがすぐ間近で演出を行ってくれるエンターテイメントクラブ「コットンクラブ」で、こちらも同様にカード会員限定の特典が用意されています。

COTTON CLUB HAPPY AMEX FRIDAY

この「コットンクラブ・ハッピー・アメックス・フライデー」は、毎週金曜日の公演において、アメックスのカードを提示することによりウェルカムドリンクとしてドリンク一杯分の料金が無料になるというサービスです。

シャンパンかソフトドリンクを選択することができます。

1グループ最大4人、つまりカード会員と同伴者3人まで利用することができます。

ウェルカムドリンクとは別に、1人1品以上の注文があることが条件です。

アメリカン・エキスプレス スポンサード公演限定“ポイント de RESERVE SEAT”

また、期間限定特典として、「ポイント de RESERVE SEAT」があります。

こちらはコットンクラブの特別席をメンバーシップ・リワードで交換できるという期間限定のプログラム。

当然、ウェルカムドリンクのサービス適用対象です。

これは年4回の開催となっており、開催日は「イベントキャンペーンページ」にて確認することができます。

お食事券5,000円分の交換など

また、メンバーシップ・リワードでは「東京丸の内コットンクラブお食事券5,000円分」を常時交換することができるので、アメックス所持者はコットンクラブの利用が様々な点でお得となっています。

 

コットンクラブ

電話番号: 03-3215-1555(平日11:00~22:30 土日祝11:00~21:00 年始を除き年中無休)
HP: www.cottonclubjapan.co.jp
住所: 東京都千代田区丸の内2-7-3 東京ビルTOKIA 2階

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)での優待

ディズニーランドと並び、日本最大級のエンターテインメントサービスをお届けするユニバーサル・スタジオ・ジャパンにおいても、カード会員限定の優待が用意されています。

ユニバーサルVIPツアー

こちらは、専属のツアーガイドさんがユニバーサル・スタジオ・ジャパンの秘密や豆知識を楽しく解説しながら、各種人気アトラクションへ案内してくれるというものです。

専属ガイドさんを連れてパーク内を回れる特別感があっていいですね。

その他にも、特別入口から入場できたり、レストランの優待割引なども盛り込まれています。

こちらはアメックスのカード会員全体で1日20名限定の枠なので、早めの購入がおすすめです。

ロイヤル・スタジオ・パス

これは現在大人気のアトラクション「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター」の入場確約券が付き、さらに対象のアトラクションを何度でも繰り返し、通常より短い待ち時間で体験できるという超お得なパスポートになっています。

こちらもカード会員限定、1日10名のみの案内となっているので、専用の購入ページでこちらも購入しておきましょう。

ユニバーサル・トラベル

クリスマスのときに大人気のイベント「ユニバーサル・ワンダー・クリスマス」を存分に満喫できるよう、カード会員限定にクリスマス満喫プラン「ユニバーサル・トラベル」という旅行プランが用意されています。

1年に1度しか開催されない各種パレードは必見です。

パーティー・プラン、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン貸切ご招待

パーティー・プランとユニバーサル・スタジオ・ジャパン貸切ご招待についてですが、こちらの詳細は「後日紹介」とのこと。

もしパーク全体を「貸切」で利用できるとなれば、その代金もかなりのものとなるでしょうね。

ゴルフ・デスク

ゴルフ場

全国各地1,100以上のゴルフ場、及び海外のアメックス提携ゴルフ場の予約・手配を無料で行っているサービスです。

さすがはステータスカードであり、紳士淑女のたしなみの1つであるゴルフのサポートもバッチリです。

お問い合わせ、予約はアメリカン・エキスプレス・ゴルフ・デスク 0120-020789(平日10:00~17:00)より。

アメリカン・エキスプレスでは青木功プロのレッスンを受けられるプログラム等も用意されているので、ゴルフファンの方は必見です。

プリファード・ゴルフ

また、ゴールドカード限定特典として「プリファード・ゴルフ」があります。

これは世界50ヶ所以上の提携ホテルに2泊以上宿泊することで、そのホテルが契約しているゴルフコースのプレー代(1ラウンド1名分)が無料になるという、これまたビッグなサービスです。

提携ホテルの一例はこちら。

  • ウエストバーデンスプリングスホテル
  • モンタージュカパルアベイ
  • シャトーエラン
  • コーダレーンリゾート
  • サモセットリゾート
  • ウッドストックイン&リゾート
  • ウィグワム
  • マウンテンシャドウ
  • パシフィックパームスリゾート
  • オーハイバレーイン
  • ザロッジアットペブルビーチ
  • ローズウッドコーデヴァル

 

本来この「プリファード・ゴルフ」は、年会費295米ドルという、なかなか高額なサービスです。

ゴールド・ダイニングと同様、本来は年会費と同程度の費用がかかる特典なので、フルに利用できる方は大変お得になるでしょう。

2つ合わせればなんと6万円です。

基本的に、これらの高級ゴルフコースの1コースは2~5万円程度のものが主なので、それを無料にできるというのはかなり大きいですね。

 

初回時に利用登録をするときは、「プリファード・ゴルフ 専用ページ」からオンラインサービスID、パスワードを入力してお申し込みください。

サイトは洗練された作りになってはいますが、英語表記のみなのが少々残念なところです。

実際にサービスを利用する時は、先ほどのプリファード・ゴルフ 専用ページからホテルを予約し、その予約確認メールに記載されているプリファード・ゴルフ・デスクの電話番号からゴルフコースを予約する必要があります。

なお、この電話も英語による対応になっているので、日本語での予約を希望する方は

アメリカン・エキスプレス・プリファード・ゴルフ予約受付係
0120-944-620(通話料無料 平日9:00~17:00)

 

に掛ければOKです。

また、直前のキャンセルに対しては所定のキャンセル料がかかってしまうのでご注意を。

iPrefer(アイプリファー)

また、このプリファード・ゴルフに登録すると、自動的にプリファード・ホテル グループのレコグニションプログラム「iPrefer(アイプリファー)」のインサイダーランクに自動で登録されます。

このiPreferは、プリファード・ゴルフ提携ホテル利用時のポイント獲得数の上昇、部屋のアップグレード、インターネット無料アクセス、優先アーリーチェックイン・レイトチェックアウトといった優待特典を受けられるというものです。

年会費は無料ゆえ、不用意に費用が発生することはないのでそこはご安心を。

詳細はこの表の通りになっています。

インサイダー(INSIDER) エリート(ELITE)
客室料金1米ドルごとに
獲得できるポイント
10 15
ポイント交換
部屋のアップグレード
無料インターネット
優先アーリーチェックイン
優先レイトチェックアウト
ウェルカムアメニティー

インサイダーランクの上にはエリートランクがあり、1米ドルあたりのポイント獲得数が1.5倍になり、またウェルカムアメニティーを受けられます。

その他の特典においては差異はありません。

インサイダーランクには1年間で50,000ポイント以上を貯めることで昇格することができます。

かなり高めの目標値ですが、「これからプリファード・ゴルフを徹底的に使い倒してやる」という方にとっては1つの目標となりますね。

貯めたポイントは各種ホテル利用代金や料理などのサービスに充てることができます。

無料で利用できるサービスなので、ありがたく受け取っておきましょう。

エクスペディアの利用で旅行料金が8%オフ

大手旅行予約サイト「エクスペディア(Expedia)」では、アメックスゴールドの利用で、海外ホテルの宿泊料金が8%割引され、

また15万円(税抜)以上の利用の場合には海外の通話料金が3,750円割引されるという特典があります。
エクスペディアは世界3万都市、35万件以上の国内、海外のさまざまなホテル、オプショナルツアー、旅行サービスをお得な価格で申し込むことができる大手サイトです。

こちらでは「価格の最低保証」を謳っており、万が一他サイトの方が価格が安かった場合には、その差額の2倍を返金してくれる制度も充実しています。上限は2万円までです。

また、世界共通価格のため、日本の繁忙期である年末年始、ゴールデンウィーク、お盆休みなどの情勢によって値段が上下することがないのも利点です。

エクスペディアでは、この他にも様々なキャンペーンを開催しているので必見です。

アップルワールド.comの利用で5%オフ

世界約10万軒のホテルを予約できるアップルワールド.comというサイトでも、利用代金が5%オフになるキャンペーンを行っています。

基本的には価格最低保証があるエクスペディアが個人的にはおすすめですが、稀にこちらでしか取り扱っていないホテルなども存在するので、併用して使うことをおすすめいたします。

こちらも当然アメックスのカードでの支払いが必須です。

なお最近、アップルワールド.comは「Hotelista(ホテリスタ)」という名称にリニューアルしました。

名称は変わってもサービス内容に大きな変更点はありません。

一休.comで3,000円オフのクーポン配布

アメリカン・エキスプレスの公式サイトを経由して一休.comにアクセスすることで、毎月先着100名様に3,000円オフのクーポンコードを配布しています。

一休.comは約1,400の厳選されたホテル、旅館を予約できるサイトです。

今時期珍しく「抽選」ではなく「先着」順なので、スピードに自信があればほぼ確実に3,000円オフを獲得することができますね。

実際、3,000円オフはかなり大きな恩恵です。

こちらも上の2つの予約サイト同様におすすめのサイトです。

日本旅行の利用で5%オフ

明治38年(1905年)に創業された、日本で最も伝統のある総合旅行会社である日本旅行。

その日本旅行が特に厳選した旅館を集めた「特選の宿」という特別サイトの利用で、その利用料金が5%オフになるというサービスを行っています。

こちらもアメックスの利用が前提です。

JR東海エクスプレス予約サービス

アメックスのカード会員であれば、東海旅客鉄道株式会社が運営する東海道・山陽新幹線(東京~博多間)を結ぶ新幹線を楽に利用できる「JR東海エクスプレス予約サービス」に申し込むことができます。

これは、クレジットカードと連携された専用のICカード「プラスEXカード」を所持することで、スマートフォン、携帯電話、PCなどから予約が可能になったり、

改札機を、紙の切符を購入することなしにそれのみで通過することができたりなどと、スピーディーに新幹線に乗車できるサービスになっています。

年会費が1,000円(税抜)かかりますが、割引運賃の適用で1回あたりのコストが下がるため、何回も利用すれば年会費を簡単にペイすることができます。

 

またこちらも、繁忙期であっても通年で同じ価格で乗車できるというのが紙の切符よりもお得な点です。

通常よりもはるかに簡単な手続きで乗車することができるため、この区間を頻繁に利用するという方にはうってつけのサービスになります。

 

WEB上のシートマップで空席状況を確認しながら、自分の好きな座席を選択することもできます。予約の変更も、何度行っても無料です。

家族カード会員でも同様に申し込むことができますし、購入時にはメンバーシップ・リワードもしっかり貯まります。

 

また、東海道・山陽新幹線の沿線で利用できるホテルの各種プランや、季節限定の旅行商品なども優待価格で紹介を受けることができますよ。

京都特別観光ラウンジ

高台寺

アメックスゴールド以上のカード会員限定で、高台寺塔頭の圓徳院にある「京都特別観光ラウンジ」を利用することができます。

この高台寺は髙臺寺とも呼ばれており、豊臣秀吉の冥福を祈るために秀吉の正室北政所(きたのまんどころ)であるねねが建立した、臨済宗建仁寺派のお寺です。

 

高台寺夜桜

ねねのお墓、秀吉の茶室や、国指定の様々な重要文化財を拝見することができ、また春の桜や秋の紅葉が茂る時期には、一面がライトアップされた幻想的な景色を眺めることができる、京都の人気観光スポットの1つです。

ラウンジがあるのは、その高台寺の塔頭の1つ、ねねが晩年を過ごした圓徳院

外の美しい庭園が見える格式ある和室で、出張や旅行の疲れを癒すことができます。

基本は座布団ですが、足の不自由な方や外国人の方向けに西洋式の座椅子も用意されています。

 

また、圓徳院の拝観券売場でアメックスのカードを提示すると、以下のようなサービスを受けられます。

  • 圓徳院書院・知客寮にてお茶の接待(宇治茶、梅湯、昆布茶、香煎茶など日によって変更有)
  • 冷たい麦茶、冷やし飴のサービス(夏季期間中のみ)
  • 圓徳院の拝観料無料
  • 高台寺・掌美術館の拝観割引
  • 高台寺駐車場1時間無料サービス

 

本会員カード1枚につき3名の同伴者まで利用することができます。アメックスゴールドが2枚あれば、実に6人まで利用することができますよ。

なお、ペット同伴での入場や飲食物の持ち込みについては禁止事項となっています。また、あくまで小休憩を取る場所であるので、長時間にわたり横になって睡眠を取るということはできないのでご了承ください。

 

高台寺の周辺は様々な観光名所のある、京都でも人気の観光地となっているので、この高台寺のラウンジで休憩のかたわら、周辺の観光地を巡ってみるというのも良いかもしれません。

 

京都特別観光ラウンジ 詳細情報

所在地 高台寺塔頭 圓徳院 書院 知客寮
京都府京都市東山区高台寺下河原町530
交通 JR京都駅より車で約15分
拝観時間 10:00~17:00

会員誌「IMPRESSION GOLD(インプレッション・ゴールド)」

アメックスゴールド限定会員誌「インプレッション・ゴールド」が発行されています。

奇数月(1月、3月、5月、7月、9月、11月)発行であり、その中身は国内外各地の様々な旅情報、ゴルフなどのスポーツ関連情報、提携しているホテル・レストランの各種優待情報など、多岐にわたります。

さらに、紙面で紹介されている時計・お酒・宝飾品などの商品を購入することもできます。

紹介されている各種商品は、通常の一般カード誌で紹介されているものとは桁が1つ違うような高級品が勢揃いです。

時には高級車がラインナップされていることもあります。

紙も上質なものが使われており、全体的に「セレブ向けの雑誌」といった印象に仕上がっています。

以前は全会員に自動的に配られていましたが、最近ではデフォルトはWeb上で読むオンライン形式に設定されており、実際に実物を読みたい場合はコールセンターへ連絡をする必要があります。

連絡をすれば、次の号から実物を送るように手配してくれます。

オンラインで閲覧するよりも、やはり冊子を手にとって読む方がおすすめです。

 

以上が、アメックスゴールドを所持することで受けられる各種優待情報となります。

多すぎて訳が分からなくなってしまいがちですが、アメックス公式でも定期的に各種情報を呼び掛けているので、見逃す心配は無用です。

 

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
アメックスゴールド券面高解像度
年会費 29,000円(税抜)
家族カード年会費 1枚目無料 2枚目以降12,000円(税抜)
ETCカード年会費 無料
ポイント還元率 0.3%~
ポイント有効期限 3年間(一度利用で無期限)
海外旅行傷害保険 最大1億円
電子マネー 楽天Edy、モバイルSuica、SMART ICOCA
カード発行日数 約1週間~ (Web申し込み時)
カード申し込み基準 20歳以上で安定した収入のある方

▼公式サイトから申し込む▼
アメリカン・エキスプレス 公式

 

専用窓口「メンバーシップ・サービス・センター」

また、アメックスゴールドは専用のお問い合わせ窓口がたいへん優秀です。

電話番号は0120-010120で、海外からは81-3-3220-6100となります。

通話料は無料で、営業時間は平日9:00~17:00です。万が一の場合、緊急の場合は24時間年中無休で対応します。

番号はカード裏面にも記載されているので、外出時も安心です。

フリーダイヤルであるので通話料は一切かかりません。

この番号はゴールドカード専用の番号であり、オーバーシーズアシストの番号と同様、オペレーターの方が出るまでの時間が極めて早いです

体感でも、他のゴールドカードと比べてたいへん早い印象を受けます。

また、ステータスカードだけあり、オペレーターの方の質も高く、こちらの考えを先回りして物事を提案してくれたりすることも多々あります。

確認できる事項は、請求金額の確認・各種サービスのお問い合わせなど、カード関連の質問であれば一通り何でも質問することができます。

通話開始時は自動音声の対応となり、事前にメンバーシップ・サービス・センター用に設定した4桁の暗証番号を打つことでオペレーターの方に繋がるシステムになっています。

なお、これを入力するのは最初の1回のみとなり、次回以降は入力を省略することができるので非常に楽ちんです。

アメックス専用スマホアプリ「AMEX.jp」

アメックス専用のスマホアプリも、最近登場しました。

それがAMEX.jpです。

Apple Store、Google Play Store両種に対応しています。

このアプリでは、カード代金の支払いの最新状況をスマートに確認できたり、利用1回ごとにプッシュ通知で利用をお知らせしてくれたり、

先ほどのアップルペイ(Apple Pay)の連携を簡単に行ったり、ポイントを獲得状況を確認したり、各種ポイントのお得なキャンペーンを説明してくれたり、

ポイントフリーダムを利用して支払いに充当したり、利用明細をチェックしたりなどと、アメックス公式サイト上で行える基本動作はおおかた行える優秀なアプリになっています。

なかなかインターフェースも使いやすく、個人的には気に入っています。

特に、タイムリーにカード利用を伝えてくれるシステムは、「不正利用を防ぐ」という点でも非常に素晴らしい機能です。

また、最新のiPhoneではTouch ID、FACE IDなどによる生体認証を利用してログインすることもできるので、セキュリティ面でも万全です。

アメックスゴールドを発行したら、是非真っ先にインストールしておきたいアプリですね。

アメックスゴールドのデメリット

頭を抱える

これまで、アメックスゴールドの様々なメリットをご紹介してきましたが、当然デメリットもあります。

年会費が高い

真っ先に思いつくのは、やはり高額の年会費ですね。

年会費無料のカードもありふれている中、29,000円という年会費は、確かに高いと言わざるを得ません。

しかしながら、先ほどからご説明しているような多数の特典の存在が大きく、それらを利用できる方であれば年会費以上の利益や素敵な体験といったものを手に入れることが可能です。

 

また、そもそも「ステータス性のあるクレジットカード」というものは年会費が高額であるというのが前提条件です。

逆に、「年会費無料で高ステータスなカード」というものはほとんどなく、

 

国家公務員のみが発行できる「KKRメンバーズカード」

東大卒業者のみが発行できる「東京大学卒業生カード」

 

などの「特定の身分でのみ発行可能」カードのような、ごく一部のものしか存在しません。

ゆえに、ステータスを求めるのであれば、「ある程度の年会費」を払うことは必然であるとも言えます。

 

よって、

カードのステータスは特に気にしない

各種優待はたぶん利用しない

という方にとっては、アメックスゴールドを申し込む必要性は薄い、ということになるでしょう。

アメックスのカードにはキャッシング機能がない

また、アメリカン・エキスプレスの各種カードにはキャッシング機能は備わっておりません

こちらはステータスカードさながら、お金に困っている方が申し込むようなカードではないので、当然といえば当然ですね。

実際には、2012年まではキャッシング機能を搭載していましたが、あまり利用者がいなかったのか、現在では廃止されています。

比較的に加盟店が少ない

VISAやマスターカードよりも使用できる店舗が少ないというのもデメリットの1つです。

しかし、先ほども申した通り、JCBとの提携があった点や、現在キャッシュレス推進の一環として加盟店が増えてきているという点もあるので、これは時間がたつにつれ徐々に改善されていくでしょう。

ポイントの使い勝手がよくない

最低利用額が高い

メンバーシップ・リワードには様々なポイント交換先が用意されていますが、そのどれもが「最低でも1,000ポイントから」と、ポイント利用のハードルがやや高いというのもデメリットの1つです。

単純計算で、他にポイントアップ要素がなければメンバーシップ・リワード1,000ポイントの獲得には10万円の使用が必要となるので、「ポイント使用はおおよそ10万円から」というのはいささかハードルが高いところです。

一方で、有効期限が無期限でいつまでも貯められるという点はメンバーシップ・リワードのメリットです。

他のカードと違い、まとまった金額を用意しやすくなるというのは良いところですね。

「ポイント還元率が大変お得!」とは言えない

そもそものポイント還元率も、楽天スーパーポイントなどと比べると低いのがデメリットと言えます。

これは先ほどからご紹介しているメンバーシップ・リワード・プラスの参加によりある程度対抗することはできますが、さすがに楽天カードなどにはポイント還元率という点では到底敵いません。

メンバーシップ・リワード・プラスの年会費3,000円もデメリットと言えます。

電子マネー利用時にポイントが貯まらない

次に、「電子マネーのチャージ時にポイントが貯まらない」ことも挙げられます。

最近では「チャージした時のポイント付与」と「電子マネーを使用したときのポイント付与」で、

いわば「ポイントの二重取り」をメリットに謳っているカードも数多い中、これは相対的にデメリットですね。

アメックスでチャージを行ったとしても、通常通り電子マネーを使用したときのポイント付与はありますが、電子マネーを使う時はせっかくなので他のサブカードを使いましょう。

 

なお、マクドナルドなどでは自身もコンタクトレス決済ができるので、「各種電子マネーをそもそも使わない」という手もあります。

チャージの必要がない後払い式のQUICPay(クイックペイ)には対応しているので、そちらであれば問題なく利用することができます。

コストコでの利用が不可能に

また、2018年2月1日から、以前は使用できたアメリカン・エキスプレスのカードがコストコで使えなくなってしまいました。

破格の安さで大量に商品を購入することができるコストコで、アメックスが使えないのは痛いところですね。

なお、これの入れ替わりでマスターカードブランドが使用できるようになりました。

こればかりはどうしようもないので、コストコで購入する際は他のマスターカードのカードやコストコ公式クレジットカードを使用するようにしましょう。

デメリットまとめ

以上がアメックスゴールドのデメリットとなります。

主にポイント関係のデメリットが多いですが、そもそもステータスカードにポイントのお得性を求めるのはあまり効果的ではありません。

ポイントを多量に取得したいという場合は、各種年会費無料のカードがおすすめです。

 

アメックスのカードを持つ利点は、やはりステータスの高さ各種優待の利用にあります。

また、昔は公式アプリが使いにくいというデメリットがありましたが、最近では大分改善されて先ほどのような完成度の高いアプリになっています。

アメックスはそのプライドから自社のサービスを日々向上し続けているので、このアプリの例のように、上記のデメリットがいつのまにか改善されている、といったこともあるかもしれません。

アメックスゴールドの審査難易度は?やはり難しい?

書類

さて、ここからは気になるアメックスゴールドの審査難易度についてご説明していきます。

アメックスの中では「ゴールドカード」であるとはいえ、世間ではプラチナカード扱いのこのアメックスゴールド。

 

「年会費無料のカードとは違い、審査はさぞかし難しいのだろうな・・・」

 

ということは皆さんもすでにご存知かとは思いますが、実は、現在においてはそれほどまでに審査難易度は高いわけではありません

実際には、年収200万円代の人でも審査通過者がいるほどです。

年収300万円400万円、まして500万円の方であれば、比較的ゆとりをもって通過することができるでしょう。

一方で、同じようなステータスカードであるダイナースクラブカードは入会条件に「年齢が27歳以上で年収500万円以上の方」とはっきり明記してあります。

年収が500万円以下の方は問答無用で審査に通ることはありません。

それと比べると、アメックスはずいぶんと敷居が低いことがわかります。

 

なぜ昔に比べてこれほどまでに審査難易度が緩くなったのか、不審に思う方もいらっしゃるかもしれませんが、こちらの理由は単純で、「ゴールド以上のクレジットカードが登場したから」です。

当時はこのアメックスゴールドが最高ランクのカードでしたが、現在はプラチナ・センチュリオンが登場し、当時富裕層が所持していたカードにあたるものはそれら2つに移り変わっていきました。

それゆえ、かつては本当に富裕層しか持てないカードが、現在では平均的なサラリーマンにもなんとか手が届く程度の難易度となっているのです。

しかし、それとは裏腹に「世間の認知度・知名度」という点においては昔と何ら変わっていないというのが面白いところですね。

アメックスは独自の審査体系を持つ

また、アメックスは外資系の会社であり、他のカード会社とは違った独自の審査体系を持っていることでも有名です。

具体的に言えば、過去に破産や延滞などのいわゆる「ブラック属性」があったとしても、現在特にクレジットヒストリー(クレヒス・信用情報)にブラック属性がなく、他社のキャッシング、カードローンなどの支払いに遅滞がなく「返済能力が十分にある」と認められれば、前向きに審査に応じてくれるという特徴があります。

日本国内の会社はどうしても過去のミスを気にしてしまいがちな体質ですが、欧米ではチャレンジ精神を重視しているので、国産のカード会社に比べれば過去の事情はある程度考慮してくれる傾向が強いです。

ゆえに、

 

なかなか他のカードに通らない・・・

 

という方も、逆にステータスが高いはずのアメックスゴールドに申し込んだらなぜか受かってしまった・・・という例も多いです。

 

審査の正確な条件は「20歳以上で日本国内に定住所があり、安定した収入があること」となっており、

この「安定した収入」は、おおよそ200万円以上をさすと様々な口コミから予測することができます。

ゆえに、定職についており、20歳以上であれば申し込む価値が十分にあるカードとなっています。

 

大企業勤務の方、公務員・団体職員の方はもちろんのこと、中小企業勤務の方も十分に審査通過の可能性があります。

また、たとえ年金受給者の方や自営業(個人事業主)の方、派遣・契約社員の方でも、「安定した収入」には該当するため、申し込むことは可能です。

さらに、配偶者に収入があれば、専業主婦の方も申し込むことができます。

ただし、パートやアルバイトの方、無職の方は申し込むことができませんので注意しましょう。

 

以前はアメリカン・エキスプレスの審査に落ちた場合は1年間の期間を空けないと再申し込みができないという形になっていましたが、

現在は改善され、再審査のための期間は3ヶ月で良いことになりました。

ゆえに、自信があってもなくとも、万が一落ちてもそれ以降3か月間申し込めなくなるだけのことなので、

とりあえず申し込んでみる

というチャレンジ精神が大事かもしれません。

アメックスグリーンとの審査難易度比較

なお余談ですが、この審査難易度については、アメリカン・エキスプレス・カードアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードには大して違いがないと言われています。

グリーンとゴールドの機能的な差については後で詳しく徹底解説いたしますが、実はそれほど審査難易度には差が無いので、

 

年会費の高さは気にしないので高ステータスがほしい

 

という方や、

 

プラチナ・カードに早く到達したい

 

という方は、まさにゴールドを選択すべきといえるでしょう。

実際に、私の身内でも社会人になったばかりの新卒22歳の段階でアメックスゴールドに合格してしまったという人がいます。

アメックスの審査に受かる方法・コツ

難易度が緩くなったとはいえ、審査に受かるためにはやっぱり念には念を入れたいものです。

ここからは、なるべく審査に落ちないようにするために必要な事項をピックアップしてまとめてみました。

同時に複数のクレジットカードに申し込まない

同時に複数のクレジットカードに申し込んでしまうと審査に通りづらくなってしまうというデメリットがあります。

口コミを見ても複数申請は合格する可能性が大幅に低くなってしまいますので、カードに申し込む際は基本的に他のカードに申し込まないようにしておきましょう。

入力できる項目は全て埋める

申し込みの際には、入力できる項目は可能な限り埋めておいた方がいいでしょう。

たとえ「任意」の枠であっても、あまりに空欄が多いと、審査する側も「審査材料が少なくて信憑性に欠ける」と考え、審査の合格可能性が低くなってしまいます。

できるだけ、任意の欄でも全て埋めるようにしましょう。

クレヒスのスーパーホワイトは避ける

「これまでの生涯で一度もクレジットカードを使用したことがない」

という方は「スーパーホワイト」と呼ばれ、それはそれで信頼が薄い状態と判断されてしまい、審査に通りにくくなってしまうというデメリットがあります。

20代の比較的若い方はそれほどのデメリットとはなりにくいですが、30代、特に40代以上の場合は明らかにマイナス項目となってしまうので注意です。

ゆえに、そういった方は他の審査難易度が極端に低い年会費無料のカードを申し込み、数ヶ月程度利用実績を積むというのもおすすめです。

審査が簡単なものとしては、先ほどもご紹介した楽天カードやYahoo! JAPANカードなどが挙げられます。

【2019年最新版】楽天カードの全てを徹底解説!ポイント還元率・審査基準・メリット・デメリットなどをまとめました

 

【2019年最新版】Yahoo! JAPANカードの全てを徹底解説!ポイント還元率・審査基準・メリット・デメリットなどをまとめました

 

しかし、スーパーホワイトであっても他の属性が良ければ受かる人は受かるので、必ずしも落ちるというわけではありません。

アメックスゴールドの審査期間はどのくらい?

砂時計

アメックスゴールドの審査期間は人それぞれです。

信用情報が極端に高く、年収1,000万超え~などという方は、ものの1日かそこらで審査が終わったという例もあります。

一方で、「年収200万円で派遣社員」などの、審査ギリギリラインの方では審査期間が数週間にわたる場合もあるようです。

さすがにステータスカードなので、よくある「即日発行!」などという取り組みはしていませんが、それはステータスを保つうえで仕方がありません。

申し込んでから現在の進行状況が気になる場合は、アメックスに電話をして、現在の進行状況を確認することもできます。

余談ですが、明らかに審査基準に見合っていない方(無職やパート・アルバイトの方)などは、逆に審査期間が極端に短く、すぐに結果が分かることが多いようです。

 

また、申し込んだ方法によっても、審査期間が大きく変わってきます。

アメックスゴールドに申し込む方法は、

  • 営業所など、現実の店舗での申し込み
  • 電話での申し込み
  • 郵送での申し込み
  • インターネットによるweb申し込み

と様々な種類がありますが、そのうちの「インターネット申し込み」以外の申し込み方法では、審査期間が長くなってしまうという統計があります。

やはり現代はWeb経由で申し込まれた情報の方が迅速に処理がしやすい状況にあるようですね。

 

早く結果を知りたい

早く審査に通りたい

 

という場合は、インターネットによる申し込みが最適です。

一般的に、インターネット申し込みで審査期間が3日程度という方は、郵送などでは1週間程度かかってしまう傾向があります。

 

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
アメックスゴールド券面高解像度
年会費 29,000円(税抜)
家族カード年会費 1枚目無料 2枚目以降12,000円(税抜)
ETCカード年会費 無料
ポイント還元率 0.3%~
ポイント有効期限 3年間(一度利用で無期限)
海外旅行傷害保険 最大1億円
電子マネー 楽天Edy、モバイルSuica、SMART ICOCA
カード発行日数 約1週間~ (Web申し込み時)
カード申し込み基準 20歳以上で安定した収入のある方

▼公式Webサイトから申し込む▼
アメリカン・エキスプレス 公式

 

アメックスゴールドに設定されている利用限度額の額は?

さて、気になるアメックスゴールドの利用限度額ですが、実際に郵送されてくる紙面では、なぜか利用限度額を確認することができません。

そのため、ネット上ではよく

 

「利用限度額は設定されておらず、いくらでも無制限に使用できる」

 

といった噂を耳にすることが多々あります。

確かに、後で述べる「利用限度額を無制限にできる裏技」はあります。

しかし、実際にはデータ上個々人に見合った限度額がフレキシブルに設定されており、電話窓口に聞いてみたり、公式Webページの「カードご利用可能額の確認」を確認してみると、

20万、30万円などと、ステータスカードらしからぬ、意外と低めの限度額が設定されていることが分かります。

 

これはアメリカン・エキスプレス独自の試みで、上記の通り審査基準を緩くする一方で利用限度額を絞ることにより、

「貸し倒れのリスク」を低く抑えつつ、「利用者を増やす」という試みがあるようです。

カードを使いすぎた月は、確認のためにアメックスから電話がかかってくることも。

これは不正利用を防ぐためという意味でも行っているので、アメックスの堅実さが伺えますね。

事前に高額を使うということがわかっている場合は、電話で一報入れておけばそのような不信感を抱かれることはありません。

このような取り組みがあるからこそアメックスに入会しやすくなるというのは、我々カード会員にとってはありがたいところです。

なお、一方で年収1,000万円以上の方、弁護士・医師の方など、とりわけ信用度が高い場合は、限度額がいきなり他のカードでは考えられないような破格の限度額(数百万)に設定されていることもよくあるようです。

 

以上が限度額のご説明です。一般の方にとっては、最初は限度額が低く「意外とステータスカードっぽくない」という印象を持たれた方も多いと思われますが、

実際には、普通に日々使用していれば短期間でその限度額は上昇していきます。

しっかりと日々愛用していれば限度額が100万を超えるのもさほど遠くはないので、

 

自身と共に成長していくカード

 

とも言えるクレジットカードですね。

そういった意味でも、会計時に出して支払いをするごとに利用が楽しくなってくるカードです。

十分に成長を完了させると、他のゴールドカードよりもはるかに高い金額が設定されることとなります。

ちなみに、これは上位カードのプラチナやセンチュリオンでも同等の制度になっているようで、プラチナカードであっても限度額50万円という例もあるようです。

利用限度額を無制限に引き上げる方法

また、先ほども少々申し上げました通り、「利用限度額を無制限に引き上げる方法」というのも存在します。

それは

 

事前にアメックスの口座に自身のお金を振り込む

 

というもの。

アメックスの信用管理課に事前に電話をし、指定された口座に事前入金をすることにより、その入金額に応じて一次的に自身の限度額を上昇させることができます。

電話番号は

アメリカン・エキスプレス・カード事前承認係
0120-206165
携帯電話:03-3220-6127(平日9:00~19:00 通話料無料)

となります。

 

限度額は振り込む額に比例するので、実質無制限に限度額を高められると言っても過言ではないでしょう。

「クレジットカードなのに先払い(プリペイド方式)」

なので少々変な感じもしますが、実際にこの機能を利用して限度額を極限まで高め、を買ったという方も存在します。

海外オークションで落札した超高級商品をアメックスのカードで一括払いしたという話を聞いたことがありますが、それにもおそらくこの方法が使われています。

 

この支払い方法の利点はポイント付与にあります。

例えば家を購入する際、通常の現金払い、銀行引き落としの場合はポイントが1ポイントもつきません。

一方、これらを全てクレジットカードで支払えば、1%とはいえ桁外れのポイントを入手できることになります。

3,000万円分の購入で、実に30万ものポイントを手に入れることができますよ。

こんなことができるのはステータスカードであるアメリカン・エキスプレスぐらいでしょう。

ポイント期限が無期限であるというのも非常に好相性です。

アメックスに用意されている各種支払い方法

アメックスゴールドの支払い方法ですが、アメックスのカードは基本的に一括払いのみです。

これはステータスカードとしては当然ですが、基本的に裕福な方を対象としているので、分割払い、ボーナス払い、ましてやリボ払いなどには基本的に対応していません。

しかしながら、最近では世間の実情に合わせ、分割払い・ボーナス払い・リボ払いにも対応することになりました。

 

分割払い・ボーナス払い・リボ払いをしたい場合には、条件があります。

  • 入会後3ヶ月が経っている
  • 申し出のうえ、所定の審査に通過する

これらを合格すると、晴れて各種支払いを行うことができます。

 

その際の利用額の限度はどんなに信用度が高くても「30万から150万まで」に設定されます。

メンバーシップ・リワードについては、手数料分以外はしっかりと通常通り加算されます。

分割払い

購入した商品の代金を数回に分けて支払う方法です。

手数料率は年率14.9%となっており、支払い回数による手数料率の変動はありません。

万一支払いが遅れた場合には、遅延損害金年率14.6%がかかります。

ボーナス一括払い

購入した商品の代金を1月か8月の決済月にまとめて支払うという方法です。

この方法のみは一括払い同様に支払手数料がかかりません。

なお、よくある「ボーナス2回払い」は今のところ不可能のようです。

万一支払いが遅れた場合には遅延損害金年率14.6%がかかるので注意しましょう。

 

また、これら分割払い・ボーナス一括払いの対象は、こちらにある加盟店の利用分のみとなっております。

百貨店

伊勢丹、井筒屋、岩田屋、小田急百貨店、近鉄百貨店、京王百貨店、西武百貨店、大丸、高島屋、東急百貨店、東武百貨店、阪急百貨店、阪神百貨店、松坂屋、松屋、丸井今井、三越

家電・小売店・スーパーマーケット

AOKI、Apple Store、AMERICAN EAGLE OUTFITTERS、アルペン、IKEA、イトーヨーカ堂、エディー・バウアーエバンス、エルメネジルド ゼニア、オートバックス、家具の大正堂、カメラのキタムラ、カメラのナニワ、銀座英國屋、ケーヨーデイツー、コメ兵、THE SUIT COMPANY、SHIPS、島忠、上州屋グループ、上新電機、ソフマップ、TASAKI(田崎真珠)、タニヤマムセン、東急ハンズ、二木ゴルフ、ニトリ、ノジマ、バーニーズニューヨーク、PC DEPOT、ビックカメラ、100満ボルト、ブルックス・ブラザーズ、ベスト電器、本間ゴルフ、ミキモト、Mr Max(ミスターマックス)、ヤマダ電機、UNITED ARROWS、洋服の青山、ヨドバシカメラ、ラオックスグループ、ロフト、和光

ショッピングセンター

柏高島屋ステーションモール、SHIBUYA 109、玉川高島屋ショッピングセンター、博多リバレインモール by TAKASHIMAYA、パルコ ヒルトンプラザ、フラッグス、メルサ

その他の業種

セシール

ボーナス一括払いのみ対応

伊東屋

分割払いのみ対応

HMV、リモーネ、JTB

 

一部、「ボーナス一括払いのみ」「分割払いのみ」取扱いの加盟店があります。

リボ払い(ペイフレックス)

リボ払いはアメックスにおいては「ペイフレックス」と呼ばれており、

あとリボ」と「自動リボ」の2種類が存在します。

あとリボは、初期設定の一括払いのカード利用分の中からリボ払いにしたい利用分を選択し、後からWeb上でリボ払いに変更できるというサービスです。

自動リボは、事前に設定した金額以上の利用分を自動的にリボ払いにするサービスです。

設定金額はウェブサイトから自由に変更することができます。

こちらは先ほどのような加盟店の制約はありませんが、やはり手数料が年率14.9%と非常に高く、ふだんから使用するのはおすすめいたしません。

 

なお、初期設定では「あとリボ」の設定になっています。

自動リボに設定変更をする場合はウェブサイトからの変更となります。

ボーナス一括払い以外の分割払いやリボ払い(ペイフレックス)では余計な手数料がかかってしまいますので、よほどのことがない限りは一括払いで払うのが良いでしょう

アメックスが設定している3つの支払い日時

スケジュール・日程

支払い方法の次は支払い日時です。

アメックスの締め日・支払日は基本的に3パターンです。

締め日 支払日
3日 当月21日
7日 当月26日
19日 翌月10日

全てのカード会員がこの3パターンに分けられています。

一般的には、一番下の「締め日が19日・支払日が翌月の10日」という設定が多いように感じられます。

この日時情報は、会員専用Webページ、月々の利用明細、またはコールセンターの方に直接聞いて確認することができます。

コールセンターでは、3パターンのいずれかに可能であれば変更するといったこともできます。

 

なお、締め日というのは金額確定日のことであり、

例えば、19日が締め日、翌月の10日が支払日であれば、

前月の20日から今月の19日までの利用分が、翌月の10日に指定した口座から引き落とされるという流れになります。

 

また、締め日が土日の場合には得に日付の変更はありませんが、支払日が土日の場合には銀行の翌営業日に引き落としが変更となります。

例えば、支払日が10日で日曜日の場合は、翌日の11日に引き落とされることになります。

アメックスゴールドはETCカードを発行できる!

また、アメックスゴールドでは申し込むことでETCカードを発行することができます。

ETCカードの年会費は無料ですが、発行手数料が1枚につき850円(税抜)かかります。

カード本会員1人につき5枚まで発行することができますが、1枚ごとに発行手数料がかかりますよ。

 

ETCカードはお申し込みから約2週間程度で届くことが多いようです。

ETCカードで利用した金額は、通常通りアメックスゴールドの利用代金と合わせて請求が来ます。

各ETCシステム・利用箇所のお問い合わせはこの表の通りとなります。

高速道路 電話番号
東日本高速道路 ナビダイヤル 0570-024-024
PHS、IP電話 03-5338-7524
中日本高速道路 フリーコール 0120-922-229
PHS、IP電話 052-223-0333
西日本高速道路 フリーコール 0120-924863
フリーコール利用不可の方 06-6876-9031
首都高速道路 03-6667-5859
阪神高速道路 06-6576-1484
本州四国連絡高速道路 078-291-1033
名古屋高速道路公社 052-919-3200
福岡北九州高速道路公社 092-631-3284

ETCマイレージサービス

また、ETCを利用するにあたっては、東・中・西日本高速道路株式会社、阪神高速道路株式会社、本州四国連絡高速道路株式会社などが行っている「ETCマイレージサービス」の利用がおすすめです。

これはETCカードでの支払い額に応じて「ETCマイレージサービス」のポイントが貯まり、そのポイントを無料通行分と交換することができるもの。

こちらは事前登録が必要なので、カード発行の後にETCをすぐ利用したいという際には、カード到着と同時にETCマイレージサービス事務局へ電話し、登録を済ませてしまうのがおすすめです。

ETCマイレージサービス事務局
0570-010125(平日9:00~21:00 土日祝9:00~18:00)
携帯電話・PHS:045-477-3793
ETCマイレージサービス ウェブサイト:www.smile-etc.jp

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

また、ここでは軽い説明になりますが、アメリカン・エキスプレスには各種ビジネスカードも用意されています。

このページでご紹介しているアメックスゴールドと並ぶビジネスカードはアメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードです。

基本性能は通常のアメックスゴールドとさほど変わりはありませんが、4半期管理レポート、ビジネス・コンサルティング・サービス、ビジネス・セービングなど、ビジネスカードならではの機能がいくつか用意されています。

会社名義で決済を行う場合には、やはり決済を行うクレジットカード券面というのも会社の信用に関わってくる重要な部分です。

その点で、アメリカン・エキスプレスであれば確固たる信頼性があるので、その点においては心配無用ですね。

会社関連の経費を決済する場合においては、個人用カードでは利用規約違反の対象となってしまうこともあるので、アメックスのカードをビジネスで使用したいという方は、こちらのアメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードを選択しましょう。

アメリカン・エキスプレス・カードとの違いは?

さて、ここまで長々とアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(アメックスゴールド)の各種情報をご説明してきましたが、

ここでもう一方の、自分で申し込むことが可能な「アメックスグリーン」との各種比較(最初はどちらを申し込めば良いのか?)などを解説していきます。

 

アメリカン・エキスプレス・カード
アメックスグリーン券面高解像度
年会費 12,000円(税抜)
家族カード年会費 1枚6,000円(税抜)
ETCカード年会費 無料
ポイント還元率 0.3%~
ポイント有効期限 3年間(一度利用で無期限)
海外旅行傷害保険 最大5,000万円
電子マネー 楽天Edy、モバイルSuica、SMART ICOCA
カード発行日数 約1週間~ (Web申し込み時)
カード申し込み基準 20歳以上で安定した収入のある方

▼公式サイトから申し込む▼
アメリカン・エキスプレス 公式

 

まずは、全体的な性能比較を確認しましょう。

比較項目 グリーン ゴールド
年会費(税抜) 12,000円 29,000円
家族会員年会費(税抜) 6,000円 1人目無料
2人目以降12,000円
申し込み資格 20歳以上で安定した収入のある方 20歳以上で安定した収入のある方
カード限度額 個人ごとに設定 個人ごとに設定
空港ラウンジ 国内28、海外2空港
無料利用可
国内28、海外2空港
無料利用可
プライオリティパス 1回32米ドル 1回32米ドル
(年2回無料利用可)
海外旅行先での日本語サポートサービス グローバル・ホットライン オーバーシーズ・アシスト
(緊急時手配含)
トラベル・デスクの受付時間 平日のみ 平日、土曜10:00~14:00
キャンセル・プロテクション
傷害死亡保険金(海外) 5,000万円 1億円
自動付帯5,000万円
傷害後遺障害保険金(海外) 最高5,000万円 最高1億円
自動付帯5,000万円
傷害治療費用保険金(海外) 最高100万円 最高300万円
自動付帯200万円
疾病治療費用保険金(海外) 最高100万円 最高300万円
自動付帯200万円
賠償責任保険金(海外) 最高3,000万円 最高4,000万円
自動付帯4,000万円
携行品損害保険金(海外) 1旅行中最高30万円
(免責金額3千円、年間限度額100万円)
1旅行中最高50万円
(免責金額3千円、年間限度額100万円、自動付帯)
救援者費用保険金(海外) 最高200万円 最高400万円
自動付帯300万円
航空便遅延費用補償(海外)
傷害死亡保険金(国内) 5,000万円 5,000万円
傷害後遺障害保険金(国内) 最高5,000万円 最高5,000万円
招待日和(ゴールド・ダイニング)
American Express Invites
ゴールド・ワインクラブ
プリファード・ゴルフ
京都観光ラウンジ
情報誌「IMPRESSION GOLD」
GOLDEN MOMENTS
メンバーシップ・プレビュー

 

アメックスゴールドは、年会費が17,000円分上回ってはいるものの、他の様々な点で優位性が目立ちます。

例えば、家族カードをそもそも発行する気があるという場合は、グリーンでは家族カード1枚で12,000+6,000=18,000円かかってしまう計算ですが、

ゴールドは1人目の年会費が無料なので、29,000+0=29,000円となり、

家族カードを1枚申し込む場合は、年会費の差が11,000円に縮まります

ゆえに、家族カードを作る予定の方はゴールドがおすすめです。

 

また、海外旅行時において、グリーンでは「案内まで」にとどまるグローバル・ホットラインが、オーバーシーズ・アシストに変わり、実際に各種手配まで行なってくれるサービスに進化します。

何らかのトラブルがあった際に円滑に手配を行ってくれるので、とても安心のサービスです。

 

海外旅行傷害保険がことごとく「自動付帯」であり、さらに補償額もグリーンより大幅にパワーアップしています。グリーンの補償はすべて「利用付帯」のみとなっている一方で、これはゴールドの大きなメリットです。

特に、利用時における「傷害死亡保険金1億円」は圧巻の一言。

利用していなくとも5,000万円です。

たとえアメックスゴールド未使用で海外旅行に行ったとしても、カードを所持しているだけで補償の対象となるのは安心ですね。

なお、国内旅行補償額についてはグリーンと同様です。

 

また、プライオリティ・パスの利用額が年間2回まで無料というのもメリットの1つです。

2回使用すれば単純にタダで約6,000円分のサービスを利用したことになります。

 

さらに、なんといっても「招待日和(ゴールド・ダイニング)」の有無が大きいですね。

1人分で15,000円などといった料亭も数多く存在するので、そういった店を年に1度か2度も利用するだけで年会費の差がひっくり返ります。

 

以上のように付帯サービスの質・量においてはほぼ完全上位互換といえる性能ですが、やはり17,000円の年会費の差をどう見るか、どう捉えるかといったところが焦点となるでしょう。

最初の方で

アメックスブランドのプロパーカードは通常のカードよりもランクが1つ上である

というお話をした通り、このアメックスゴールドは他社のプラチナカード級の扱いとなっているので、必然的にゴールドカードクラスのグリーンカードとはサービスの質が異なります。

しかしながら、実際にはアメックスグリーンでも他のカードと比較すれば十分すぎるほどの基礎性能があり、コストパフォーマンスの上でもたいへん優れているので、いくら完全上位互換といえども悩ましいところ。

 

先ほどの通り、審査難易度についてはほぼ変わらないので、

 

「ゴールド券面は自分を主張しすぎていてどうも気に入らない」

「海外旅行にはほとんど行かない」

「用意されている特典の全ては使いきれないだろう」

「17,000円の差は大きい」

 

と考えるのであればアメックスグリーン

 

「カード券面はとにかく金ピカがカッコいい」

「たまに海外旅行をすることがある」

「招待日和などの特典を使ってみたい」

「17,000円の差はどうってことない」

 

という方はアメックスゴールドを選ぶ、といった感覚でも何ら問題はないでしょう。

ゴールドランクのカードとプラチナランクのカードの審査難度がさほど変わらないというのはアメックスぐらいですね。

 

アメリカン・エキスプレス・カード
アメックスグリーン券面高解像度
年会費 12,000円(税抜)
家族カード年会費 1枚6,000円(税抜)
ETCカード年会費 無料
ポイント還元率 0.3%~
ポイント有効期限 3年間(一度利用で無期限)
海外旅行傷害保険 最大5,000万円
電子マネー 楽天Edy、モバイルSuica、SMART ICOCA
カード発行日数 約1週間~ (Web申し込み時)
カード申し込み基準 20歳以上で安定した収入のある方

▼公式サイトから申し込む▼
アメリカン・エキスプレス 公式

 

余談ですが、アメックスにおいても、年会費3万円は結構な収入源となるので、ブランドイメージという点を考える一方で、

「グリーンよりもなるべくゴールドの会員数を増やしておきたい」

と考える意図もあるようです。

 

仮にグリーンカードを選択したとしても、しっかり利用実績を積みながら1年もしくは2年、人によっては半年ほど経つと、いずれはアメックスゴールドのインビテーションが届きます。

先ほどのことも加味しながら、その時になってからあらためて考えるというのも良いでしょう。

逆にゴールドからグリーンに戻すことも出来ますし、「最初にどちらを選択するか」で過剰に考える必要はありませんよ。

 

またそれに付随して、

ゆくゆくは上位のプラチナ・センチュリオンを狙っていきたい

という方はやっぱりゴールドを選択したほうが良いのか、という話ですが、これは必ずしもそうとは言えず、

「グリーンカード所持者でもプラチナのインビテーション(招待)が来た」という話はよく聞く話なので、基本はゴールドカードを選択したほうが良いものの、グリーンカードを選択したとしても、今後の出世が極端に遠のくというわけではありません。

 

このアメックスグリーンに関しては、以下の記事で徹底的に解説しています。

【2019年最新版】アメリカン・エキスプレス・カード(アメックスグリーン)の全てを徹底解説!年会費・審査基準・特典・メリット・デメリットなど

さらなる上位カードの紹介(プラチナ・センチュリオン)

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード

ちなみに、ゴールドの上位である「プラチナ・カード」についてですが、こちらのプラチナ・カードについては、あまりに正確な情報を記してしまうのは規約違反となってしまうので詳しくは書けませんが、

アメックス社のプラチナカードなので、一般的なレベルで言えば実にその階級は「ブラックカード」レベル。「プラチナカード」としてはやはり最強です。

ゴールドとはかけ離れた年会費の額(10万超)、海外保証額がさらに上昇、ホテル上級会員資格付与、各種優待サービスの増加など様々なものがありますが、極めつけとして「コンシェルジュサービス」も付いています。

最近では券面が一般的なプラスチック製ではなく「メタル製」になり、非常に高級感があります。

グリーン、ゴールドからのし上がり、いつかは持ちたいカードですね。

アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード

さらにその上にはアメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カードという、幻の黒券面カードも存在します。

こちらは日本でも数千人程度しか所持者がおらず、世界的に見ても年収1億超の方、著名な芸能人・政治家・投資家の方など、信用度が極めて高い方のみが所持しているカードです。

カードを発行するだけで、初年度には100万円程度の費用がかかるようです。

「アメックスのブラックカード」なので、他の会社のカードにはこれに匹敵するカードは1つもなく、まさに「世界最強のクレジットカード」。

クレジットカードもここまで来ると未知の領域で、詳細な情報も定かではないほどです。

このアメックス・センチュリオンを目指せる入口はアメックスグリーン、ゴールドのみなので、

世界最強に繋がっている」というのも、日々の仕事に励む上でのモチベーションとなって良いかもしれませんね。

アメックスゴールドもついにメタルカード対応か

アメックスゴールドメタルカード券面

先ほど「アメックスプラチナがメタル化に対応した」と紹介しましたが、つい最近、このアメックスゴールドもメタルカードへ移行するという重大発表があり、アメリカ本国においてはすでにメタルゴールドの発行が開始されました。

金属製の「メタルカード」は、かつてはアメックスセンチュリオンのような、ステータスが極端に高いクレジットカード券面にのみ存在していたものです。

プラスチック製のカードとは質感がまるで異なり、カード番号も裏面に移動。

人によっては「プラスチック製のカードはおもちゃみたいで使えなくなってしまった」と感じるほど高級感にあふれている券面です。

店頭で提示した際の反応も、プラスチック製のものとはひときわ異なります。

 

ワンランク上のアメックスプラチナのメタルカードは2017年3月よりアメリカ本国での発行が開始され、その約1年半後の2018年10月に日本での発行が開始されました。

それゆえ、2018年11月にアメリカ本国で発行が開始されたこのメタルゴールドは、おそらく2019年後半~2020年前半にかけて日本に上陸してくるのではないか、という予想が一般的です。

 

アメックスが券面の金属化に踏み切った背景としては、2016年に日本に登場した「ラグジュアリーカード」という、券面が金属製のみの高級クレジットカードの存在が大きいでしょう。

富裕層がメタルに魅かれてラグジュアリーカードに移ってしまう、という危機感を持っての今回の対応と予想できます。

 

もちろん、移行期には旧プラスチック券面からメタル券面にスムーズに移行できるので、現在のアメックスゴールド所持者も安心です。

 

なお、現状はアメックスグリーンのメタル化という話はありません。

さすがに発行枚数も膨大なものとなるので、メタル化はゴールドまでではないかと個人的には考えます。

 

先ほどの通り、早くて2019年後半にはメタル化が完了してしまうので、

従来のプラスチック券面と比較したい

プラスチック券面も所持しておきたい

という方は、それまでに申し込んでおく必要がありますね。

私も、プラスチックと金属の質感を比べるのが今からとても楽しみです。

アメックスゴールド券面比較

全体のまとめ

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(アメックスゴールド)についての説明は以上になります。

「お得なポイント還元率でポイントを最高効率で貯めたい!」

という方には向きませんが、

世界的に認められたステータスを持ちながら、各種の豪華な優待を受けることができ、ゆくゆくは世界最高レベルのカードに進化させることができる、唯一無二のクレジットカードです。

 

  • 全世界で通用するカード券面
  • ゴールドという名ではあるが実際はプラチナランク
  • アメックスプラチナへのインビテーション(招待)が届く
  • 業務提携により、現在はJCBが利用可能の店で幅広く使える
  • 高級レストランの代金を大幅に割引できる「ゴールド・ダイニング
  • 空港ラウンジは同伴者1名も無料で利用可能
  • カード利用時のセキュリティが極めて強固
  • 会員限定の優待イベントに参加できる
  • ポイントはマイルに1:1交換でき、さらに無期限と優秀
  • 意外にも審査難易度はさほど高くなく、実はグリーンと同程度
  • Suicaなどの各種電子マネーやApple Payに対応
  • 近々カード券面がメタルカードになる可能性が非常に高い
  • 年会費はやはり高額(年29,000円)
  • キャッシング機能はない
  • 支払いは基本的に一括払いのみ

 

昔ほどの「圧倒的な審査難易度」ではないので、自信を持って申し込んでみると、意外にあっさりステータスカードを所持できるかもしれません。

 

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
アメックスゴールド券面高解像度
年会費 29,000円(税抜)
家族カード年会費 1枚目無料 2枚目以降12,000円(税抜)
ETCカード年会費 無料
ポイント還元率 0.3%~
ポイント有効期限 3年間(一度利用で無期限)
海外旅行傷害保険 最大1億円
電子マネー 楽天Edy、モバイルSuica、SMART ICOCA
カード発行日数 約1週間~ (Web申し込み時)
カード申し込み基準 20歳以上で安定した収入のある方

▼公式サイトから申し込む▼
アメリカン・エキスプレス 公式